いくつになっても美顔をキープ!「ほうれい線」の本気ケアを大公開!

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見た自分の口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

ほうれい線のためにケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによってシワのように見えているのです。
つまり、ほうれい線のケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。
 

ほうれい線ができるのは、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2
 
飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

これらの原因を踏まえたうえで、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。

 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。
 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『たるみ・ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることを可能にした、独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分や、こけてしまった頬のヒアルロン酸や脂肪を増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さんもおすすめするなど、口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『たるみ・ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,578円(税抜)が、なんと67%OFFの1,800円(税抜)で試せます。
しかも送料無料、代引き手数料無料、365日間返金受付も可能です!

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

ニキビ跡の悩みを徹底追及! 肌の土台を立て直すケアって?

scar_img_29

 

「ニキビ跡さえなかったら、私の人生もっとハッピーなのに…」

大袈裟かもしれませんが、ニキビ跡に悩む女性は、かなり深刻に悩んでいる人も多いようです。

思春期ごろから鏡にむかってため息をつき、社会人になってもまだニキビ跡から解放されず…。

ファンデを厚塗りしたり、冬でもないのにマスクを常用したり、長年の悩みとなっている方もいるのでは?

 

そこで、ニキビ跡に悩めるすべての女性が素肌にもっと自信が持てるように、ニキビ跡の悩みを徹底追及します! ニキビ跡に本当に必要なケアは何なのか、紹介していきます。

ニキビ跡はなぜできる? 悩める「3大ニキビ跡」

 

scar_img_28

 

ニキビには、できても跡が残らずキレイに治るものと、なかなか治らずに跡が残るものがありますよね。

その差は「炎症」。ニキビが進行して炎症が起こると、ニキビ跡が残る可能性大!

 

この炎症の進行具合で、さまざまな状態のニキビ跡が肌に残り、悩みの原因となるのです。

では、女性の肌を悩ませる3大ニキビ跡「赤み」「色素沈着」「クレーター」について、もう少し詳しく解説していきましょう。

 

「赤み」
ポツリと目立ってメイクの邪魔をする肌の赤み。ニキビはほとんど治っているのに、長々と赤く残った状態。

これは、皮膚にできた傷を治そうとするはたらきで、毛細血管が多く形成されたり拡張したりした結果です。

そこで、肌が生まれ変わる力をサポートすると、ニキビ部分の傷の治りを早め、赤み部分を取り除くことができます。

 

「色素沈着」

この跡はいつのニキビだったっけ…と、いつまでも肌に残り続ける薄茶色の色素沈着。

ニキビが炎症を起こした後の赤みが、茶色いシミになったものです。

紫外線にあたるとメラニンが生成されて、跡がさらに消えにくくなるので、まずはUVケアをしっかりと!

肌のターンオーバーをサポートしながら、沈着した色素を排出することが必要です。

 

「クレーター」
一番深刻な悩みともいえるクレーター肌。ニキビが炎症を起こしたときに、表皮の奥の真皮にまで到達したダメージ跡です。

コラーゲン組織が破壊されて肌が凹み、まるで月のクレーターのようにぽっこりと跡が残ります。

もうどうにもならないと思われがちなクレーターですが、肌の土台から立て直すアプローチでケアできます! あきらめちゃダメですよ!!

つるすべの「陶器肌」を叶えるお手入れとは?

 

scar_img_11

 

女性を悩ませる3大ニキビ跡のケアとして重要視するべきなのは「成分」と「肌へのアプローチ方法」です。このポイントをしっかりおさえたケアをすることでニキビ跡ケアの道が開けてきます!

 

肌の土台を立て直す成分でアプローチ!
ニキビ跡の中でも一番深刻なクレーターは、なんといっても「肌の土台から立て直すケア」が肝心!
だけど、市販の基礎化粧品は肌の土台にアプローチできるアイテムが少ないので、エステやサロンでなければケアできないと思っている人も。
また、肌の赤みや色素沈着を、もっと効果的にケアできるコスメを、探し続けてる人もいるでしょう。

でも、大丈夫! 凹んだ肌にアプローチできる成分を含むコスメなら、ホームケアでもニキビ跡のお手入れが可能なんです。
数ある化粧品の中でも、「コラーゲンを増やし」「ハリの元をつくりだせる」成分が配合されているコスメなら、赤み、色素沈着はもちろん、ずっと悩んでいたクレーターまでケアすることができますよ!

 

肌の奥まで成分を高濃度で届ける浸透力!
せっかくの成分も肌の奥※1まで届かなければ、期待する効果はごくわずか。
クレーターをケアする成分も、赤みや色素沈着をケアする成分も、必要な場所に届かなければ効果が薄くなってしまうんです。
ポイントは、成分の「浸透する力」。肌の奥※1まで成分を高濃度で届けるコスメを選びましょう。

ニキビ跡ケア化粧品の問題に向き合った
「理想のアイテム」!

 

scar_img_5

 

ニキビ跡ケアの商品はたくさんありますが、今回はその中の1つであるサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の「ニキビ跡ケアプログラム」について紹介します。
このコスメは美容意識の高いタレントや美容業界でも愛用者の多い、今話題のコスメなんです!

 

ビーグレンは、肌を土台から立て直すために必要な成分を、高濃度で浸透させることに成功した、ニキビ跡ケアコスメ。

そのヒミツは、直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)サイズの超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」にあります。

 

成分を閉じ込めた、独自技術のカプセルが、ぐーんと肌の奥※1まで浸透し、コラーゲンを増やすアップレビティやハリの元となるポリアミンなど成分をしっかり届けてくれるんです!

 

今までのホームケアでは難しかった、本気のニキビ跡ケアを実現し、リピート率はなんと98.5%※2!
さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※3、美容業界も大注目しています!

 

このビーグレンの『ニキビ跡ケアプログラム』1週間分のトライアルセット4,412円(税抜)が、今ならなんと59%OFFの1,800円(税抜)で試せます(送料無料、代引き手数料無料、365日返金保証付き)。

 

ニキビ跡ケアをあきらめていた人も、本気の笑顔を取り戻すうれしいチャンスです! 長年の悩みから開放されて、つるすべ肌を手に入れましょう!

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

 

寒い季節も要注意! 透明感のある肌を目指したい人が選択すべき「成分」と「化粧品」とは?

white_img_22

「夏は大丈夫だったのに寒くなったら“くすみ”※1が…」

 

美白化粧品も使ってスキンケアをしていたはずなのに、どんどん「くすみ※1」が目立ってきていませんか?

「くすみ※1」が本格的にお肌に出始めるのは、多くの人が紫外線対策をサボりがちな秋から冬にかけてなんです。
「秋冬は日差しが弱いから…」と油断している方もいるかと思いますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
ケアを怠っていると気づいた時には「くすみ※1肌」になっているかもしれません。

 

今回は多くの女性を悩ます「くすみ※1」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきましょう!

そもそも、なぜ「くすみ※1」は
できるのでしょうか?

 

white_img_2

 

「透明感のある白肌」は、美しい女性の代名詞とも言われ、多くの女性の憧れでもありますよね。

ある調査では女性の71%の方が美白ケアをされた事があるようです。

 

これだけ多くの人がケアをしているにも関わらず、できてしまう“くすみ”※1の根本の原因は「メラニン」の生成によるもの。
「日焼けして黒くなった!」という経験は皆さんもあるかと思いますが、これは紫外線を浴びることで「メラニン」が生成されて、色素沈着したためです。

 

日焼けの他にも、ニキビや乾燥による肌荒れ、摩擦などの刺激によっても「メラニン」は生成されてしまいます。

多くの人が「メラニン」と聞くとあまり良いイメージを持たない方が多いかもしれませんが、実は「メラニン」はダメージから皮膚を守るバリアのような役割を果たしているんです。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時は古い角質と一緒に排出され、問題はありません。
ですが、加齢やストレス等によって新陳代謝が低下している時はメラニンが排出されずに徐々に肌に蓄積されてしまうため、色素沈着を起こし、「くすみ※1」の原因になってしまうのです。

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。
では、できてしまったシミ・くすみ※1をケアするためには何をすればいいのでしょうか?

「くすみ※1」を薄くしたい…対策のポイントとは?

 

今回は「くすみ※1」で悩む人にオススメしたい、手軽に取り入れられるケア方法を3つご紹介していきます。

 

① 秋冬でも油断大敵!季節に関わらず紫外線対策をするPortrait of young woman applying facial cream

 

まず第一に、これ以上くすみ※1の原因となる「メラニン」を作らせないことが大切です。

 

紫外線は季節や天気に関わらず一年中降り注いでいるため、外に出る時には日焼け止めは常に塗ってブロックしておくことが大切です。
ただし、注意したいのが肌への負担。

 

気温が低くなり空気が乾燥していくと、肌のバリア力が低下してしまいます。

そのため、UVカットを含む成分が肌に負担をかけてしまうのです。

 

なので、秋冬の日焼け止めは、肌の乾燥を補ってくれる「保湿成分」が配合されており、負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

② 肌の新陳代謝を整える「ビタミン類」を摂取する

white_img_23

 

肌に「メラニン」が蓄積されるのを防ぐためには、肌の新陳代謝を活発にすることが大事になってきます。

 

そこで、まず見直したいのが「食事バランス」です。

 

普段の食生活が偏りがちな方は、まずターンオーバーを整える「ビタミン類」を含んだ食品を普段の食事に取り入れるようにしてみましょう。
ターンオーバーを整えるためにオススメのビタミンは、次のような食品に多く含まれています。

●ビタミンA
受けたダメージを修復したり、古い角質を剥がれ落ちやすくしてくれます。
食品:うなぎ・ニンジン・かぼちゃ・レバー

 

●ビタミンB
皮膚や粘膜の発育をサポートしたり、新陳代謝をサポートするエネルギーを作ってくれます。
食品:大豆・豚肉・かつお・まぐろ・卵・バナナ

 

●ビタミンC
くすみケアにおいて有名な成分ですが、メラニン色素が生成されるのを抑制したり、コラーゲンの生成にも関係しています。
食品:キウイ・いちご・みかん・れんこん・ほうれん草

 

③ 「ハイドロキノン」配合のスキンケアを選ぶ

white_img_20

「ハイドロキノン」は、メラニンを作る「メラノサイト」に直接アプローチできる画期的な成分です。
2000年頃まではお医者さんだけが知る「魔法のクリーム」でしたが、2001年の法改正に伴って化粧品への配合が可能になり、一般消費者の中でも認知度が上がりました。

 

しかし、高配合だからいいというわけではありません。

「ハイドロキノン」は濃度に比例して肌への刺激が強くなるという問題があり、肌が炎症を起こす可能性もあります。
そのため、配合濃度が1~2%と低くても効率的にアプローチできる「高い浸透力」を持ったスキンケアを選ぶことが必要です。

ハイドロキノンを肌に届ける米国発の浸透技術がすごい

 

 

今回ご紹介する化粧品『ビーグレン』も「浸透力を高める独自技術」で、肌の奥※2まで効率的にハイドロキノンを届けることを実現させた化粧品のひとつです。

 

医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した、「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透の最先端技術「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用してハイドロキノンを肌の奥※2に運ぶことで、低濃度でもダイレクトに「くすみ※1」に働きかけることを可能にしました。

 

brian_img_2

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学博士を取得後、同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化する。94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

この商品のリピート率は98.5%※3。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には

医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※4、美容業界も大注目しています!

一週間試せる『ホワイトケア トライアルセット』が、通常6,412円(税抜)から71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

いかがでしたか?

ぜひ今回ご紹介したくすみ※1ケアを実践し、寒い季節も透明感のある肌を目指しましょう!

 

>>詳細はこちら

 

※1:老廃物や汚れを指します
※2:角質層まで
※3:過去1年間の返品率から算出(2016年8月ビバリーグレンラボラトリーズ(株)調べ)

※4:2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

 

老けた印象を与える「おでこ」や「眉間」のくっきりライン…。 解消するために押さえておきたい3つのポイントとは?

line_img_1

「見て見ぬフリをしていたけど…ますますくっきりしてきた。」


「表情ジワが消えない…」


「おでこ」や「眉間」に刻まれた深いくっきりライン…。

一度深く刻まれてしまったラインは、なかなか消すことができないと言われています。

特にくっきりしたラインは、老けた印象を与えてしまうもの。余計なラインのせいで実年齢よりも老けて見られるなんて、悲しいですよね。
今回は、くっきりラインを解消するために意識するべきポイントをご紹介していきます。

 

肌が老化する一番の原因は◯◯

 

line_img_2

 

そもそも、どうして年齢とともにくっきりラインが目立ってくるのでしょうか?

その大きな原因と言われているのが「光老化(こうろうか)」です。

「光老化」とは、紫外線によって肌がダメージを受け、“シミ”“シワ”などのトラブルを引き起こしてしまうこと。

紫外線は「肌のハリ」に関係する“コラーゲン”や“エラスチン”を破壊するだけでなく、これらの成分を作り出す機能にまでもダメージを与えてしまいます。

ハリがなくなればシワを押し返す力も弱くなるため、一度刻まれたシワがなかなか戻らなくなるのは当然ですよね。

 

深いシワ

 

 

特に印象に大きな影響を与える「おでこ」や「眉間」は、顔の中でも紫外線を浴びやすい部位のため、シワが残りやすいのです。

では「光老化」によってダメージを受けた肌はどうやってケアすれば良いのでしょうか。

「光老化」でボロボロになった肌
土台を立て直す3つのポイント

 

「光老化」によってダメージを受けた肌は、肌の土台がボロボロの状態。

いくら表面的なケアをしても、意味がありません。今回は、肌の土台を立て直すために必要な3つのポイントを紹介していきます。

 

①紫外線対策をする
「光老化」の根源となる紫外線を遮断するためには肌の露出を極力控えることが大切です。外に出る時に日傘、帽子、手袋、サングラスなどを着用したり、首もとや耳、アゴ下などにも日焼け止めを塗ることで紫外線を遮断しましょう。紫外線は曇やガラスを通り抜けることができるので、屋内でも油断は禁物。曇った日や雨の日でもしっかりと紫外線対策をすることがポイントです。

 

②保湿をする
深いラインは元々乾燥によってできる「小ジワ」が悪化してできるものです。 そのため肌にうるおいを補給して、「小ジワ」の原因となる乾燥を防ぐことが大切です。起床後、日中、就寝前など保湿ケアはマメに行うことがポイント。入浴後の肌は特に乾燥しやすいため、お風呂あがり5分以内には保湿することを意識しましょう。

 

③レチノール(ビタミンA)配合の化粧品を使う
お手入れの最後に取り入れたいのが、「レチノール」という成分。
レチノールは「ビタミンA」の一種で、肌のハリを作り出す機能を元気にさせて、コラーゲンやエラスチンなどの生産をサポートしたり、お肌のターンオーバーを整える働きを持っています。また、使い続けることで、頑固に刻まれた深いラインを解きほぐしてくれる働きも期待できます。

レチノールは鶏肉(レバー)やあん肝などに多く含まれていますが、効率的に摂るためにはスキンケアなどで外側から補うことが大切です。

ただし、レチノールは、皮脂などの肌のバリア機能に阻まれてしまい、そのままではなかなかお肌に浸透※1しないため、しっかりと届ける手段として、成分が「浸透カプセル化」されていたり、「高濃度化」されているものを選ぶようにしましょう。

くっきりラインをケアする
究極の対策プログラムがスゴイ

 

エイジング

 

そこで今、人気を集めているのはサイエンスコスメ“ビーグレン”の「エイジングケア トライアルセット」です。「レチノール(ビタミンA)」がたっぷりと配合され、くっきりラインをケアする化粧品のひとつとして高い評価を得ています。

 

人気の秘密は、医療技術・DDS(ドラッグデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した「QuSome®(キューソーム)」という浸透技術が採用されている点です。

 

brian_img_2-768x448

 

皮膚は皮脂などのバリア機能に守られているため、ビタミンなどの成分は、なかなか肌の奥※1まで浸透させることができず、美容成分を肝心な場所へと届けることができません。

しかし「QuSome®(キューソーム)」は髪の毛の太さの1/500の超微小カプセルに美容成分を閉じ込め、肌の奥※1までしっかり届けることを可能にしたのです。

 

浸透技術

 

98.5%※2がリピートをしている商品。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※3、美容業界も大注目しています!

 

2種類のビタミンA類成分を組み合わせた「QuSomeレチノA」は、刻まれた深いラインにじっくり働きかけ、固まってしまっていた頑固なラインを解きほぐしてくれます。そこに、ビタミンCを高濃度(7.5%)の状態で配合した「Cセラム」をつけることで内側からハリを生み出します。

この「エイジングケアトライアルセット」、もし効果を感じられなかった場合にはなんと365日もの期間、返金保証をしてくれますので、気になった方は一度試してみてもいいかもしれませんね。

老けた印象を解消して、若々しくありたい方は、ぜひ今回ご紹介した3つのケアを心がけてみてください!

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

 

「ほうれい線」を消す美容液?三冠を受賞したその実力とは?

img_12

 

「このほうれい線さえなければ・・・。」

年齢とともに気づいたら、口周りにくっきりとついた老け顔の象徴とも言える「ほうれい線」。

実際に、30代の女性を対象に行ったシワに関するあるアンケートでは、約70%の人がシワに悩みを抱えており、そのうちの実に60%が「ほうれい線」に悩んでいるという結果でした。

 

30歳を超えて、多くの女性の悩みである「ほうれい線」。

 

「もう歳だからしょうがない‥」と諦めてしまっていませんか?

 

まだあきらめてしまうのは早いかもしれません。
今回はほうれい線の原因を追求し、その解決策をお伝えしたいと思います!

 

ほうれい線が目立つ原因は〇〇?

img_2

 

30代からほうれい線が目立つ原因…

実は、皮脂などのバリア機能が邪魔をして美容成分が「肌の奥までしっかり届いていない」事が原因です。

コラーゲン・ヒアルロン酸などの美容成分を含んだ化粧品はたくさんありますが、実際に使ってみて求めている効果を実感できないと思ったことはありませんか?

 

それは、どれだけ良い成分が入っていても肌の奥までしっかり届いていなかったから なんです。そのため、スキンケアを選ぶ際には「浸透力」のある事が必須になってきます。

「そんな都合のいいものなんてこの世にあるの…?」と思いますよね。

 

でも、実際に「肌の必要な箇所に、必要な成分を、必要な量を届けてくれるスキンケア」があるんです!

 

米・薬学博士が開発した、
高浸透※1ほうれい線美容液が話題沸騰!

 

img_3

 

今、雑誌や口コミで話題になっている「ビーグレン」は、肌悩みを解決するソリューションを提供するブランド。

そんな、ビーグレンからほうれい線専用スキンケアの「QuSomeリフト」が誕生しました。

 

img_7

このブランドの製品には、医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した、浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されています。

 

brian_img_2-768x448

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学博士を取得後、同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化する。94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

「QuSome®(キューソーム)」は、必要な成分を必要な場所に届ける浸透技術です。肌に浸透しにくい化粧品の美容成分を、直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)というサイズの超微小カプセルに閉じ込め、皮膚細胞の間をスルスルと通り抜けて、肌の奥まで届けます。同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させる国際特許技術なんです。

 

fold_img

また、化粧水のQuSomeローションには 「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され、※2 医学誌に掲載される程に注目された新技術が使われています。※3

 

fold_img_30

 

「QuSome®(キューソーム)」は「QuSomeリフト」に含まれる5つのリフトアップ成分の浸透しにくい成分を肌の奥深くまでしっかり届け、肌全体を引き上げて“ほうれい線を消してくれる”ことを可能にしたのです。

この「QuSomeリフト」のリピート率はなんと98.5%!※4

そして、数々のランキングでも1位を獲得している実力派のコスメブランドなんです!

 

img_13

 

img_8-300x46

 

塗ってすぐに感じられる、驚きの浸透力※1を実感・・・!

 

このマッサージ美容液「QuSomeリフト」を実際に使って試してみました!

直径2~2.5cm程度の美容液を手のひらにのせ、顔全体と首にのばします。

 

img_14

 

さらさらっとした美容液でベタつきがなくて、なんといっても伸びが良いです!

気になる箇所は特に下から上へと引き上げるようにすべらせます。

これでリンパの流れもスムーズになり、毎日顔のむくみがとれてすっきり。これをするだけで顔の輪郭がすっきりして見えて、

“あれ痩せた?”

なんて言われちゃいました!

 

more_know_button-300x55

 

そして、毎日ケアを続けるとほうれい線が…
もうビーグレンのおかげです!

 

fold_img_29

 

この「QuSomeリフト」が最も効果を発揮するのは朝。朝に使うと、成分がよりしっかりと肌にアプローチするんですって!

 

ほうれい線が消えた!と多くの声

 

さらに、こんなにも愛用者から多くの喜びの声が届いています。

 

使用して3日目に右側のほうれい線が薄くなってます
“半信半疑でお試しセット注文しましたが使用して3日目に右側のほうれい線が薄くなってます特に気になっていたマリオネットは無くなっている!嬉しいです。このまま使用していきたいと思います。”
りっちゅ / 50代前半 / 女性/ 混合肌

鼻の横のたるんだ頬のお肉もスッキリ
“気になってきたほうれい線。夜だけ使用していますが、それでも薄くなってきました。鼻の横のたるんだ頬のお肉もスッキリして、友人には痩せた?と聞かれたので、むくみもなくなってきたのだとおもいます。”
ねえさん / 40代前半 / 女性/ 普通肌

鏡を下からみるとよくわかります
“リフトクリームを毎日愛用。鏡を下からみるとよくわかります。上がってる。お手入れが楽しみになりトライアルからずっと愛用しています。美容整形で切らないマシーンでリフトしたりしていましたが、こちらが上がっているかもしれません。”
りさ / 30代後半 / 女性 / 混合肌

※個人の感想です。全ての方への実感を保証するものではございません。

 

7日間「ほうれい線ケア」を試せるトライアルセットがある

 

「QuSomeリフト」は通常価格では7,000円(税抜)ですが、「QuSomeリフト」と洗顔からクリームまでをラインで1週間分使える「ほうれい線ケアトライアルセット」なら1,800円(税抜)でお試しができます。

 

img_10-1

 

トライアルセットだと、マッサージ美容液「QuSomeリフト」のほかに人気の洗顔料、化粧水も一緒に入っているので、ビーグレンのシリーズを色々お得に試すことができるのも嬉しいですね。

これまでのスキンケアで効果を感じられなかった方、まずは気軽にお試ししてはいかがですか?

ほうれい線に負けないピーンと張ったハリ肌を手に入れて、老け顔の悩みから脱出するチャンスです!

 

tryal_button-300x55

 

※1 角質層まで
※2 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※3 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※4 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

黒ずみ毛穴ケアに本当に必要な2つの極意とは?

まるでイチゴのようにポツポツと黒ずんだ「イチゴ鼻」。キレイな肌の人を見るたびに、自分の肌状態にため息が…。毛穴ケア関連の記事やまとめサイト、スレッドなどが常に賑わっているように、キレイを目指す女性にとって、なんとしてでもクリアしたい大きな悩みですよね。

 

少しでも陶器のようにつるんとした肌に近づきたくて、無理に黒ずみを取り除こうとしたり、頻繁にTゾーンを脂取り紙でおさえたりと、間違った毛穴ケアを一生懸命続けている女性も少なくないようです。

 

ですが、一時的に毛穴の汚れが取り除かれても根本からケアをしないと、黒ずみ毛穴がどんどん悪化してしまいます。それだけでなく、間違ったケアをそのまま続けていると、広がりきった毛穴同士がつながって「帯状毛穴」の状態に! この帯状毛穴がやっかいなのは、さらにどんどんつながって、くっきりとしたシワをつくる原因となってしまうのです。一旦帯状毛穴が形成されると、もう肌の時間は戻せません。

では、こうなる前にどのようにケアすればいいのでしょうか。毛穴が開いたり、黒ずむ原因をしっかりおさえながら、対策を紹介していきましょう。

毛穴の黒ずみはなぜ起こるの? その対策は?

 

毛穴の中には皮脂腺があり皮脂を分泌することで、肌が乾燥しないようにバランスをとってくれています。肌表面のオイルバランスが整っている時は何も問題ないのですが、一旦肌が乾燥してしまうと、毛穴の機能が狂い始めてしまいます。

 

 

肌が乾燥してバリア機能が衰えたり、脂っぽい食べ物ばかり食べていると皮脂が過剰分泌されていきます。

皮脂が過剰に分泌されると毛穴に皮脂が溜まりやすくなり、開きやすい状態になってしまいます。

 

溜まった皮脂やファンデーションが毛穴の中で酸化すると黒ずみの原因となってしまいます。
毛穴ケアを意識するあまり、脂取り紙で頻繁に皮脂ケアをしていると、肌のバリア機能を損ね皮脂の過剰分泌に繋がる可能性があるため、ご注意くださいね。

 

また、無理に取り除こうとするケアも肌にダメージを与え、皮脂分泌調整機能を崩す原因にもつながるのでNGです。

では、毛穴ケアに「本当に必要な2つの極意」とは何なのでしょうか。

毛穴トラブル対策の極意。気をつけるべき2つのポイントとは

 

毛穴ケアの極意1:肌のうるおいをキープできる洗顔料を選べ!

 

毛穴トラブルをクリアにするためには、まずは毛穴に詰まった汚れや古い皮脂を吸着し、洗い落とすことが第一歩。ここで大切なのが「肌のうるおいをいかに維持できるか」です!

 

しっかり汚れを落とすことはもちろんですが、洗顔でつっぱるほどにダメージを与えてしまうと、肌の皮脂分泌が乱れ、またふりだしに戻ってしまいます。

不要なものだけを落として、肌にしっとりうるおいをキープしながら、やさしく洗える洗顔料を選びましょう。

 

毛穴ケアの極意2:ひきしめ&保湿成分を浸透させよ!

 

すっきりとキレイになった毛穴に必要なのは、ひきしめ成分と保湿成分。ここで知っておくべきなのは「それらの成分を肌にしっかりと浸透させること」です!
ひきしめ成分と保湿成分が配合されていれば何でもいいわけではなく、成分の特徴をしっかり見極めてしっかり肌の奥(※1)まで届けるような工夫をすることが肝心です。どんな成分でも浸透しなければ、お手入れの意味がほとんどなくなってしまいますからね。

毛穴の悩みにさよなら! 医学誌にも掲載された(※3)サイエンスコスメとは

 

毛穴ケアの2つの極意を満たすコスメを探すことが、根本的に毛穴の開きや黒ずみ毛穴の悩みをケアしてくれる近道となるのです。

昨今、有名美容ジャーナリストや美肌芸能人の愛用者も多く、化粧品としては数少ない医学誌に掲載(※3)されたサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『毛穴ケアプログラム』も注目したいシリーズのひとつ。

 

毛穴

 

b.glen(ビーグレン)」は、直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)サイズの超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」に、保湿成分を閉じ込めることで肌の奥(※1)まで有用成分を浸透させることに成功した、毛穴ケアコスメです。

 

顔だけでも20〜30万個あるといわれる毛穴ひとつひとつにアプローチすることで、毛穴はぐっと目立たなくなり、肌の印象が見違えるほどです。 そのリピート率はなんと98.5%(※2)! 独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

この「b.glen(ビーグレン)」の『毛穴ケアプログラム』、クレイウォッシュ (15g) /QuSomeローション (20mL)/Cセラム (5mL)/QuSomeモイスチャーゲルクリーム (7g) の1週間分のトライアルセット4179円(税抜)が、今ならなんと56%OFFの1800円(税抜)で試せます(送料無料、代引き手数料無料、365日返金保証付き)。

 

アメリカ発の最先端コスメ「b.glen(ビーグレン)」の『毛穴ケアプログラム』を超お得に試せるチャンスです。

間違ったケアに気づいた人も、毛穴ケアをあきらめていた人も、365日全額返金保証付きの浸透テクノロジーで頬の毛穴悩みをケアしてみませんか。

 

※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

Sponsored by ビバリーグレンラボラトリーズ