カテゴリー別アーカイブ: ホワイト

寒い季節も要注意! 透明感のある肌を目指したい人が選択すべき「成分」と「化粧品」とは?

*この記事は2分30秒程で読めます

white_img_22

「夏は大丈夫だったのに寒くなったら“くすみ”※1が…」

 

美白化粧品も使ってスキンケアをしていたはずなのに、どんどん「くすみ※1」が目立ってきていませんか?

「くすみ※1」が本格的にお肌に出始めるのは、多くの人が紫外線対策をサボりがちな秋から冬にかけてなんです。
「秋冬は日差しが弱いから…」と油断している方もいるかと思いますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
ケアを怠っていると気づいた時には「くすみ※1肌」になっているかもしれません。

 

今回は多くの女性を悩ます「くすみ※1」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきましょう!

 

そもそも、なぜ「くすみ※1」は
できるのでしょうか?

 

white_img_2

 

「透明感のある白肌」は、美しい女性の代名詞とも言われ、多くの女性の憧れでもありますよね。

ある調査では女性の71%の方が美白ケアをされた事があるようです。

 

これだけ多くの人がケアをしているにも関わらず、できてしまう“くすみ”※1の根本の原因は「メラニン」の生成によるもの。
「日焼けして黒くなった!」という経験は皆さんもあるかと思いますが、これは紫外線を浴びることで「メラニン」が生成されて、色素沈着したためです。

 

日焼けの他にも、ニキビや乾燥による肌荒れ、摩擦などの刺激によっても「メラニン」は生成されてしまいます。

多くの人が「メラニン」と聞くとあまり良いイメージを持たない方が多いかもしれませんが、実は「メラニン」はダメージから皮膚を守るバリアのような役割を果たしているんです。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時は古い角質と一緒に排出され、問題はありません。
ですが、加齢やストレス等によって新陳代謝が低下している時はメラニンが排出されずに徐々に肌に蓄積されてしまうため、色素沈着を起こし、「くすみ※1」の原因になってしまうのです。

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。
では、できてしまったシミ・くすみ※1をケアするためには何をすればいいのでしょうか?

 

「くすみ※1」を薄くしたい…対策のポイントとは?

 

今回は「くすみ※1」で悩む人にオススメしたい、手軽に取り入れられるケア方法を3つご紹介していきます。

 

① 秋冬でも油断大敵!季節に関わらず紫外線対策をするPortrait of young woman applying facial cream

 

まず第一に、これ以上くすみ※1の原因となる「メラニン」を作らせないことが大切です。

 

紫外線は季節や天気に関わらず一年中降り注いでいるため、外に出る時には日焼け止めは常に塗ってブロックしておくことが大切です。
ただし、注意したいのが肌への負担。

 

気温が低くなり空気が乾燥していくと、肌のバリア力が低下してしまいます。

そのため、UVカットを含む成分が肌に負担をかけてしまうのです。

 

なので、秋冬の日焼け止めは、肌の乾燥を補ってくれる「保湿成分」が配合されており、負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

② 肌の新陳代謝を整える「ビタミン類」を摂取する

white_img_23

 

肌に「メラニン」が蓄積されるのを防ぐためには、肌の新陳代謝を活発にすることが大事になってきます。

 

そこで、まず見直したいのが「食事バランス」です。

 

普段の食生活が偏りがちな方は、まずターンオーバーを整える「ビタミン類」を含んだ食品を普段の食事に取り入れるようにしてみましょう。
ターンオーバーを整えるためにオススメのビタミンは、次のような食品に多く含まれています。

●ビタミンA
受けたダメージを修復したり、古い角質を剥がれ落ちやすくしてくれます。
食品:うなぎ・ニンジン・かぼちゃ・レバー

 

●ビタミンB
皮膚や粘膜の発育をサポートしたり、新陳代謝をサポートするエネルギーを作ってくれます。
食品:大豆・豚肉・かつお・まぐろ・卵・バナナ

 

●ビタミンC
くすみケアにおいて有名な成分ですが、メラニン色素が生成されるのを抑制したり、コラーゲンの生成にも関係しています。
食品:キウイ・いちご・みかん・れんこん・ほうれん草

 

③ 「ハイドロキノン」配合のスキンケアを選ぶ

white_img_20

「ハイドロキノン」は、メラニンを作る「メラノサイト」に直接アプローチできる画期的な成分です。
2000年頃まではお医者さんだけが知る「魔法のクリーム」でしたが、2001年の法改正に伴って化粧品への配合が可能になり、一般消費者の中でも認知度が上がりました。

 

しかし、高配合だからいいというわけではありません。

「ハイドロキノン」は濃度に比例して肌への刺激が強くなるという問題があり、肌が炎症を起こす可能性もあります。
そのため、配合濃度が1~2%と低くても効率的にアプローチできる「高い浸透力」を持ったスキンケアを選ぶことが必要です。

 

ハイドロキノンを肌に届ける米国発の浸透技術がすごい

 

 

今回ご紹介する化粧品『ビーグレン』も「浸透力を高める独自技術」で、肌の奥※2まで効率的にハイドロキノンを届けることを実現させた化粧品のひとつです。

 

医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した、「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透の最先端技術「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用してハイドロキノンを肌の奥※2に運ぶことで、低濃度でもダイレクトに「くすみ※1」に働きかけることを可能にしました。

 

brian_img_2

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学博士を取得後、同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化する。94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

この商品のリピート率は98.5%※3。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には

医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※4、美容業界も大注目しています!

一週間試せる『ホワイトケア トライアルセット』が、通常6,412円(税抜)から71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

いかがでしたか?

ぜひ今回ご紹介したくすみ※1ケアを実践し、寒い季節も透明感のある肌を目指しましょう!

 

>>詳細はこちら

 

※1:老廃物や汚れを指します
※2:角質層まで
※3:過去1年間の返品率から算出(2016年8月ビバリーグレンラボラトリーズ(株)調べ)

※4:2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

 

寒い季節も要注意! 透明感のある肌を目指したい人が選択すべき「成分」と「化粧品」とは?

white_img_22

「夏は大丈夫だったのに寒くなったら“くすみ”※1が…」

 

美白化粧品も使ってスキンケアをしていたはずなのに、どんどん「くすみ※1」が目立ってきていませんか?

「くすみ※1」が本格的にお肌に出始めるのは、多くの人が紫外線対策をサボりがちな秋から冬にかけてなんです。
「秋冬は日差しが弱いから…」と油断している方もいるかと思いますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
ケアを怠っていると気づいた時には「くすみ※1肌」になっているかもしれません。

 

今回は多くの女性を悩ます「くすみ※1」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきましょう!

そもそも、なぜ「くすみ※1」は
できるのでしょうか?

 

white_img_2

 

「透明感のある白肌」は、美しい女性の代名詞とも言われ、多くの女性の憧れでもありますよね。

ある調査では女性の71%の方が美白ケアをされた事があるようです。

 

これだけ多くの人がケアをしているにも関わらず、できてしまう“くすみ”※1の根本の原因は「メラニン」の生成によるもの。
「日焼けして黒くなった!」という経験は皆さんもあるかと思いますが、これは紫外線を浴びることで「メラニン」が生成されて、色素沈着したためです。

 

日焼けの他にも、ニキビや乾燥による肌荒れ、摩擦などの刺激によっても「メラニン」は生成されてしまいます。

多くの人が「メラニン」と聞くとあまり良いイメージを持たない方が多いかもしれませんが、実は「メラニン」はダメージから皮膚を守るバリアのような役割を果たしているんです。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時は古い角質と一緒に排出され、問題はありません。
ですが、加齢やストレス等によって新陳代謝が低下している時はメラニンが排出されずに徐々に肌に蓄積されてしまうため、色素沈着を起こし、「くすみ※1」の原因になってしまうのです。

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。
では、できてしまったシミ・くすみ※1をケアするためには何をすればいいのでしょうか?

「くすみ※1」を薄くしたい…対策のポイントとは?

 

今回は「くすみ※1」で悩む人にオススメしたい、手軽に取り入れられるケア方法を3つご紹介していきます。

 

① 秋冬でも油断大敵!季節に関わらず紫外線対策をするPortrait of young woman applying facial cream

 

まず第一に、これ以上くすみ※1の原因となる「メラニン」を作らせないことが大切です。

 

紫外線は季節や天気に関わらず一年中降り注いでいるため、外に出る時には日焼け止めは常に塗ってブロックしておくことが大切です。
ただし、注意したいのが肌への負担。

 

気温が低くなり空気が乾燥していくと、肌のバリア力が低下してしまいます。

そのため、UVカットを含む成分が肌に負担をかけてしまうのです。

 

なので、秋冬の日焼け止めは、肌の乾燥を補ってくれる「保湿成分」が配合されており、負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

② 肌の新陳代謝を整える「ビタミン類」を摂取する

white_img_23

 

肌に「メラニン」が蓄積されるのを防ぐためには、肌の新陳代謝を活発にすることが大事になってきます。

 

そこで、まず見直したいのが「食事バランス」です。

 

普段の食生活が偏りがちな方は、まずターンオーバーを整える「ビタミン類」を含んだ食品を普段の食事に取り入れるようにしてみましょう。
ターンオーバーを整えるためにオススメのビタミンは、次のような食品に多く含まれています。

●ビタミンA
受けたダメージを修復したり、古い角質を剥がれ落ちやすくしてくれます。
食品:うなぎ・ニンジン・かぼちゃ・レバー

 

●ビタミンB
皮膚や粘膜の発育をサポートしたり、新陳代謝をサポートするエネルギーを作ってくれます。
食品:大豆・豚肉・かつお・まぐろ・卵・バナナ

 

●ビタミンC
くすみケアにおいて有名な成分ですが、メラニン色素が生成されるのを抑制したり、コラーゲンの生成にも関係しています。
食品:キウイ・いちご・みかん・れんこん・ほうれん草

 

③ 「ハイドロキノン」配合のスキンケアを選ぶ

white_img_20

「ハイドロキノン」は、メラニンを作る「メラノサイト」に直接アプローチできる画期的な成分です。
2000年頃まではお医者さんだけが知る「魔法のクリーム」でしたが、2001年の法改正に伴って化粧品への配合が可能になり、一般消費者の中でも認知度が上がりました。

 

しかし、高配合だからいいというわけではありません。

「ハイドロキノン」は濃度に比例して肌への刺激が強くなるという問題があり、肌が炎症を起こす可能性もあります。
そのため、配合濃度が1~2%と低くても効率的にアプローチできる「高い浸透力」を持ったスキンケアを選ぶことが必要です。

ハイドロキノンを肌に届ける米国発の浸透技術がすごい

 

ホワイト

 

今回ご紹介する化粧品『ビーグレン』も「浸透力を高める独自技術」で、肌の奥※2まで効率的にハイドロキノンを届けることを実現させた化粧品のひとつです。

 

医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した、「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透の最先端技術「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用してハイドロキノンを肌の奥※2に運ぶことで、低濃度でもダイレクトに「くすみ※1」に働きかけることを可能にしました。

 

brian_img_2

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学博士を取得後、同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化する。94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

この商品のリピート率は98.5%※3。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には

医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※4、美容業界も大注目しています!

一週間試せる『ホワイトケア トライアルセット』が、通常6,412円(税抜)から71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

いかがでしたか?

ぜひ今回ご紹介したくすみ※1ケアを実践し、寒い季節も透明感のある肌を目指しましょう!

 

>>詳細はこちら

 

※1:老廃物や汚れを指します
※2:角質層まで
※3:過去1年間の返品率から算出(2016年8月ビバリーグレンラボラトリーズ(株)調べ)

※4:2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

 

美白は夏のもの「だけではない」?寒い季節も「シミ※1・くすみ※2」対策は必要だった…。

white_img_14

 

「寒くなってから、シミ※1が目立ってきた気がする・・・」

 

暑い夏が終わり、秋・冬とだんだん寒くなるにつれて環境に合わせた肌のケアに変える人が増えてくると思います。

 

その中でも「シミ※1」「くすみ※2」に対してのケアを変える人は多いのではないでしょうか?

 

「シミ※1」「くすみ※2」といえば「紫外線によってできるもの」というイメージを持っている人は多いので、日差しの強い夏はしっかり対策をしていますが、涼しい季節がやってくると乾燥等のケアを優先し、紫外線ケアを怠ってしまっている人もいるのではないかと思います。

 

しかし、紫外線は1年中降り注いでいるものなので、秋・冬にもしっかりとケアをしていくことが大切なのです。

 

white_img_15

 

せっかく夏場はケアをしてきたのに、間違った認識でシミ※1を増やしてしまうのはイヤですよね。

 

今回は寒い季節でも起こりうる肌トラブル、「シミ※1」「くすみ※2」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきたいと思います!

 

「シミ※1・くすみ※2」ができる理由とは?

 

white_img_2

 

毎日、時間とお金をかけてスキンケアをしているにも関わらず、できてしまうシミ※1・くすみ※2の根本の原因は「メラニン」の生成によるものです。

 

「メラニン」とは皮膚を守るために作られるバリアのようなものであり、紫外線を浴びることで生成されます。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時なら古い角質と共に排出されるのですが、便秘やストレス、加齢等によって新陳代謝が低下すると、徐々に肌に蓄積してしまい、色素沈着を起こすことで、「シミ※1」や「くすみ※2」になってしまうんです!

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。

 

では、できてしまったシミ※1・くすみ※2を薄くするためには何をすればいいのでしょうか?

 

シミ※1・くすみ※2にアプローチする成分として知られているのが”ハイドロキノン”という成分です。

 

white_img_16

 

「ハイドロキノンなら、使ったことがある!」
という方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、実はこれまでの”ハイドロキノン”は「肌に浸透しづらく、シミの根本に届きにくい。」という問題がありました。

 

なので、ハイドロキノンが入っている化粧品を使用する際には「浸透力」がある化粧品を選ぶことが大切です。
 

ハイドロキノンを安全に浸透させる化粧品がある!?

 

そこで紹介したいのが、しっかりとハイドロキノンを肌の奥※3まで浸透させられる美白化粧品です。それは、国際特許の浸透テクノロジー「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用したサイエンスコスメ「ビーグレン」。

 

white_img_3

 

今や雑誌にも多く取り上げられ、コスメマイスターやビューティーコンサルタントなどの美容のプロからも 支持されているビーグレン
その“浸透法”を徹底させたスキンケアに迫っていきましょう!

 

美容家コンテンツ750_500

 

医薬品レベルのスキンケアを可能にした「QuSome®︎」

 

brian_img_2

 

ブライアン・ケラー博士
ビバリーグレンラボラトリーズ CSO(最高研究開発責任者)。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得後、同校で医療技術DDS(ドラッグデリバリーシステム)の研究に従事。教授としても長年教鞭を執る。1987年にDDSを専門的に研究開発する自身のバイオ医薬品会社を設立。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化し、94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

サイエンスコスメ「ビーグレン」の製品をを開発したケラー博士は、肌から有効成分を吸収させるDDS(ドラッグデリバリーシステム)分野で世界の第一人者と言われています。

 

彼の開発した「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が細胞の隙間を通り抜けてハイドロキノンを肌の奥※3に運ぶ事を可能にしました。
また、化粧水のQuSomeローションには 「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され※4、 医学誌に掲載される※5程に注目された新技術が使われています。

 

また、従来までは、

 

「高濃度で配合すると肌への刺激が強い」
「酸化しやすく安定しにくい」

 

というハイドロキノンの他の問題点もQuSome®の技術は1度に解決したのです。

 

「ビーグレン」を実際に使ってみました。

 

多くの美容雑誌や有名ファッション雑誌でも話題になった「ビーグレン」のホワイトケアプログラムが一体どれだけ効果があるのか、実際に使ってみました!

 

<ステップ1>
洗顔料「クレイウォッシュ」
泡立たないのにモンモリロナイトが配合さているのでしっかりと汚れを落としてくれます。
洗い上がりは「しっとりもっちり」で、全くつっぱりがなく洗い上がりが良かったです。

 

white_img_4

 

<ステップ2>
化粧水「QuSomeローション」
「QuSomeローション」を肌になじませます。
つけ心地はさっぱりしていてベタつきもなく、お肌に馴染んでいきます。
ローションを使用後は長時間保湿されていて、色んな肌のトラブルを改善してくれます。

 

white_img_13

 

<ステップ3>
美容液「Cセラム」
つけた瞬間にポッと暖かい温感が。肌への刺激は全く感じず、優しい使いごこち!

 

white_img_5

 

<ステップ4>
ホワイトクリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」
「QuSomeホワイトクリーム1.9」を優しくなじませます。
口コミの評判通り刺激は全然なく、自分の気になるシミの箇所にクルクルと塗り込みます。
浸透テクノロジーQuSome®によってナノカプセル化した「ハイドロキノン」が肌の奥※3のメラニンまで到達し、できてしまったシミ※1を薄くしてくれます。

 

white_img_6

 

<ステップ5>
高保湿クリーム「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」
仕上げのクリームは、お肌にフタを。ベタつきなど違和感がないしっとり感でした。

 

white_img_7

 

寝る前の5ステップで、肌がいきいき♪

 

使い始めてから数日で肌が明るくなるのを実感できました。
これまでいろいろな美白化粧品をつかってきたわたしですが、シミにこんなにも短期間で効果を実感できたのは驚きです。

 

本製品を購入して3ヶ月目になりますが、諦めかけていた頬にある濃いめのシミがすんなりと目立たなくなって幸せです!

 

「シミ※1が消えた!」と口コミでも高評価!

 

リピート率98.5%※6の「ビーグレン」を使ったユーザーの声も多数届いています。

 

「塗り始めてから長年のシミがだいぶ薄くなってきました。」
“QuSomeホワイトクリーム1.9を塗り始めてから長年のシミがだいぶ薄くなってきました。20代は自転車での移動が多く、あまり紫外線を気にしてなかったせいか30代から急にシミが目立ち始めて悩んでましたが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を使い始めてから随分薄くなりました。顔にシミがあるのとないのとでは年齢の印象が違うので、まだまだ薄くなるのを期待して使い続けたいと思います。”
(30代後半/女性/乾燥肌/主婦) 

「肝斑にも効いてるのが、凄いと思います。」
“肌全体のシミが少しずつ薄くなってきましたが、肝斑にも効いてるのが、凄いと思います。正直、皮膚科のハイドロキノンを使用すると、ピリピリとして肝斑は諦めていたのに…敏感肌の私にも、あう商品はなかなか見つかりませんでした。これからもビーグレンの商品を使い続けたいと思っています!!”
(40代前半/女性/敏感肌/主婦) 

「今では素顔でも気にならなくなりました。」
“私の左側目の横に大きなシミが有ります。ホワイトクリームを何社も試してみましたが、余り変化がなく、皮膚科専門医にもレーザーで消す事は無理だといわれました。その時ビーグレンに出会い、半信半疑でつけてみる事にしました。3か月ごろから薄くなって来た様に感じられ、今では素顔でも気にならなくなりました。娘や友人にも積極的に進めています。10円硬貨の様なシミがベールに覆われたようです。つけ始めて一年になりますが、これからも末永く使って行きたいと思います。”
(60代後半/女性/普通肌/主婦) 

※個人の感想です。実感を保証するものではございません

 

この「ビーグレン」のホワイトケアには、初めての方でも安心して試せるトライアルセットがあります。しかも通常6,412円(税抜)相当のものが71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

そしてなんと「365日返金保証」という自信。

 

ぜひこの機会に、寒い季節も透明感のある素肌を目指しませんか?

 

tryal_button

※1 日焼けによる
※2 汚れや古い角質による
※3 角質層まで
※4 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※5 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※6 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

 

 

美白は夏のもの「だけではない」?寒い季節も「シミ※1・くすみ※2」対策は必要だった…。

white_img_14

 

「寒くなってから、シミ※1が目立ってきた気がする・・・」

 

暑い夏が終わり、秋・冬とだんだん寒くなるにつれて環境に合わせた肌のケアに変える人が増えてくると思います。

 

その中でも「シミ※1」「くすみ※2」に対してのケアを変える人は多いのではないでしょうか?

 

「シミ※1」「くすみ※2」といえば「紫外線によってできるもの」というイメージを持っている人は多いので、日差しの強い夏はしっかり対策をしていますが、涼しい季節がやってくると乾燥等のケアを優先し、紫外線ケアを怠ってしまっている人もいるのではないかと思います。

 

しかし、紫外線は1年中降り注いでいるものなので、秋・冬にもしっかりとケアをしていくことが大切なのです。

 

white_img_15

 

せっかく夏場はケアをしてきたのに、間違った認識でシミ※1を増やしてしまうのはイヤですよね。

 

今回は寒い季節でも起こりうる肌トラブル、「シミ※1」「くすみ※2」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきたいと思います!
 

「シミ※1・くすみ※2」ができる理由とは?

 

white_img_2

 

毎日、時間とお金をかけてスキンケアをしているにも関わらず、できてしまうシミ※1・くすみ※2の根本の原因は「メラニン」の生成によるものです。

 

「メラニン」とは皮膚を守るために作られるバリアのようなものであり、紫外線を浴びることで生成されます。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時なら古い角質と共に排出されるのですが、便秘やストレス、加齢等によって新陳代謝が低下すると、徐々に肌に蓄積してしまい、色素沈着を起こすことで、「シミ※1」や「くすみ※2」になってしまうんです!

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。

 

では、できてしまったシミ※1・くすみ※2を薄くするためには何をすればいいのでしょうか?

 

シミ※1・くすみ※2にアプローチする成分として知られているのが”ハイドロキノン”という成分です。

 

white_img_16

 

「ハイドロキノンなら、使ったことがある!」
という方もいらっしゃるかもしれません。

 

ですが、実はこれまでの”ハイドロキノン”は「肌に浸透しづらく、シミの根本に届きにくい。」という問題がありました。

 

なので、ハイドロキノンが入っている化粧品を使用する際には「浸透力」がある化粧品を選ぶことが大切です。
 

ハイドロキノンを安全に浸透させる化粧品がある!?

 

そこで紹介したいのが、しっかりとハイドロキノンを肌の奥※3まで浸透させられる美白化粧品です。それは、国際特許の浸透テクノロジー「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用したサイエンスコスメ「ビーグレン」。

 

white_img_3

 

多くの有名ファッション雑誌でも話題になった、その”浸透法”を徹底させたスキンケアに迫っていきましょう!

 

医薬品レベルのスキンケアを可能にした「QuSome®︎」

 

brian_img_2

 

ブライアン・ケラー博士
ビバリーグレンラボラトリーズ CSO(最高研究開発責任者)。
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得後、同校で医療技術DDS(ドラッグデリバリーシステム)の研究に従事。教授としても長年教鞭を執る。1987年にDDSを専門的に研究開発する自身のバイオ医薬品会社を設立。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化し、94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

サイエンスコスメ「ビーグレン」の製品をを開発したケラー博士は、肌から有効成分を吸収させるDDS(ドラッグデリバリーシステム)分野で世界の第一人者と言われています。

 

彼の開発した「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が細胞の隙間を通り抜けてハイドロキノンを肌の奥※3に運ぶ事を可能にしました。
また、化粧水のQuSomeローションには 「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され※4、医学誌に掲載される程に注目された新技術が使われています。※5

 

また、従来までは、

 

「高濃度で配合すると肌への刺激が強い」
「酸化しやすく安定しにくい」

 

というハイドロキノンの他の問題点もQuSome®の技術は1度に解決したのです。

 

「ビーグレン」を実際に使ってみました。

 

多くの美容雑誌や有名ファッション雑誌でも話題になった「ビーグレン」のホワイトケアプログラムが一体どれだけ効果があるのか、実際に使ってみました!

 

<ステップ1>
洗顔料「クレイウォッシュ」
泡立たないのにモンモリロナイトが配合さているのでしっかりと汚れを落としてくれます。
洗い上がりは「しっとりもっちり」で、全くつっぱりがなく洗い上がりが良かったです。

 

white_img_4

 

<ステップ2>
化粧水「QuSomeローション」
「QuSomeローション」を肌になじませます。
つけ心地はさっぱりしていてベタつきもなく、お肌に馴染んでいきます。
ローションを使用後は長時間保湿されていて、色んな肌のトラブルを改善してくれます。

 

white_img_13

 

<ステップ3>
美容液「Cセラム」
つけた瞬間にポッと暖かい温感が。肌への刺激は全く感じず、優しい使いごこち!

 

white_img_5

 

<ステップ4>
ホワイトクリーム「QuSomeホワイトクリーム1.9」
「QuSomeホワイトクリーム1.9」を優しくなじませます。
口コミの評判通り刺激は全然なく、自分の気になるシミの箇所にクルクルと塗り込みます。
浸透テクノロジーQuSome®によってナノカプセル化した「ハイドロキノン」が肌の奥※3のメラニンまで到達し、できてしまったシミ※1を薄くしてくれます。

 

white_img_6

 

<ステップ5>
高保湿クリーム「QuSomeモイスチャーリッチクリーム」
仕上げのクリームは、お肌にフタを。ベタつきなど違和感がないしっとり感でした。

 

white_img_7

 

寝る前の5ステップで、肌がいきいき♪

 

使い始めてから数日で肌が明るくなるのを実感できました。
これまでいろいろな美白化粧品をつかってきたわたしですが、シミにこんなにも短期間で効果を実感できたのは驚きです。

 

本製品を購入して3ヶ月目になりますが、諦めかけていた頬にある濃いめのシミがすんなりと目立たなくなって幸せです!

 

「シミ※1が消えた!」と口コミでも高評価!

 

リピート率98.5%※6の「ビーグレン」を使ったユーザーの声も多数届いています。

 

「塗り始めてから長年のシミがだいぶ薄くなってきました。」
“QuSomeホワイトクリーム1.9を塗り始めてから長年のシミがだいぶ薄くなってきました。20代は自転車での移動が多く、あまり紫外線を気にしてなかったせいか30代から急にシミが目立ち始めて悩んでましたが、ビーグレンのQuSomeホワイトクリーム1.9を使い始めてから随分薄くなりました。顔にシミがあるのとないのとでは年齢の印象が違うので、まだまだ薄くなるのを期待して使い続けたいと思います。”
(30代後半/女性/乾燥肌/主婦) 

「肝斑にも効いてるのが、凄いと思います。」
“肌全体のシミが少しずつ薄くなってきましたが、肝斑にも効いてるのが、凄いと思います。正直、皮膚科のハイドロキノンを使用すると、ピリピリとして肝斑は諦めていたのに…敏感肌の私にも、あう商品はなかなか見つかりませんでした。これからもビーグレンの商品を使い続けたいと思っています!!”
(40代前半/女性/敏感肌/主婦) 

「今では素顔でも気にならなくなりました。」
“私の左側目の横に大きなシミが有ります。ホワイトクリームを何社も試してみましたが、余り変化がなく、皮膚科専門医にもレーザーで消す事は無理だといわれました。その時ビーグレンに出会い、半信半疑でつけてみる事にしました。3か月ごろから薄くなって来た様に感じられ、今では素顔でも気にならなくなりました。娘や友人にも積極的に進めています。10円硬貨の様なシミがベールに覆われたようです。つけ始めて一年になりますが、これからも末永く使って行きたいと思います。”
(60代後半/女性/普通肌/主婦)
※個人の感想です。実感を保証するものではございません

 

この「ビーグレン」のホワイトケアには、初めての方でも安心して試せるトライアルセットがあります。しかも通常6,412円(税抜)相当のものが71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

そしてなんと「365日返金保証」という自信。

 

ぜひこの機会に、寒い季節も透明感のある素肌を目指しませんか?

 

tryal_button

※1 日焼けによる
※2 汚れや古い角質による
※3 角質層まで
※4 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※5 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※6 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

寒い季節も要注意! 透明感のある肌を目指したい人が選択すべき「成分」と「化粧品」とは?

white_img_22

「夏は大丈夫だったのに寒くなったら“くすみ”※1が…」

 

美白化粧品も使ってスキンケアをしていたはずなのに、どんどん「くすみ※1」が目立ってきていませんか?

「くすみ※1」が本格的にお肌に出始めるのは、多くの人が紫外線対策をサボりがちな秋から冬にかけてなんです。
「秋冬は日差しが弱いから…」と油断している方もいるかと思いますが、紫外線は一年中降り注いでいます。
ケアを怠っていると気づいた時には「くすみ※1肌」になっているかもしれません。

 

今回は多くの女性を悩ます「くすみ※1」の原因を追求し、その悩みの解決策を探っていきましょう!

そもそも、なぜ「くすみ※1」は
できるのでしょうか?

 

white_img_2

 

「透明感のある白肌」は、美しい女性の代名詞とも言われ、多くの女性の憧れでもありますよね。

ある調査では女性の71%の方が美白ケアをされた事があるようです。

 

これだけ多くの人がケアをしているにも関わらず、できてしまう“くすみ”※1の根本の原因は「メラニン」の生成によるもの。
「日焼けして黒くなった!」という経験は皆さんもあるかと思いますが、これは紫外線を浴びることで「メラニン」が生成されて、色素沈着したためです。

 

日焼けの他にも、ニキビや乾燥による肌荒れ、摩擦などの刺激によっても「メラニン」は生成されてしまいます。

多くの人が「メラニン」と聞くとあまり良いイメージを持たない方が多いかもしれませんが、実は「メラニン」はダメージから皮膚を守るバリアのような役割を果たしているんです。

 

本来この時作られた「メラニン」は、肌の新陳代謝が正常な時は古い角質と一緒に排出され、問題はありません。
ですが、加齢やストレス等によって新陳代謝が低下している時はメラニンが排出されずに徐々に肌に蓄積されてしまうため、色素沈着を起こし、「くすみ※1」の原因になってしまうのです。

 

そのため、メラニンを生成する紫外線を防ぐための対策や健康的な生活を心がけることでシミ予防をすることが大切です。
では、できてしまったシミ・くすみ※1をケアするためには何をすればいいのでしょうか?

「くすみ※1」を薄くしたい…対策のポイントとは?

 

今回は「くすみ※1」で悩む人にオススメしたい、手軽に取り入れられるケア方法を3つご紹介していきます。

 

① 秋冬でも油断大敵!季節に関わらず紫外線対策をするPortrait of young woman applying facial cream

 

まず第一に、これ以上くすみ※1の原因となる「メラニン」を作らせないことが大切です。

 

紫外線は季節や天気に関わらず一年中降り注いでいるため、外に出る時には日焼け止めは常に塗ってブロックしておくことが大切です。
ただし、注意したいのが肌への負担。

 

気温が低くなり空気が乾燥していくと、肌のバリア力が低下してしまいます。

そのため、UVカットを含む成分が肌に負担をかけてしまうのです。

 

なので、秋冬の日焼け止めは、肌の乾燥を補ってくれる「保湿成分」が配合されており、負担が少ないものを選ぶようにしましょう。

 

② 肌の新陳代謝を整える「ビタミン類」を摂取する

white_img_23

 

肌に「メラニン」が蓄積されるのを防ぐためには、肌の新陳代謝を活発にすることが大事になってきます。

 

そこで、まず見直したいのが「食事バランス」です。

 

普段の食生活が偏りがちな方は、まずターンオーバーを整える「ビタミン類」を含んだ食品を普段の食事に取り入れるようにしてみましょう。
ターンオーバーを整えるためにオススメのビタミンは、次のような食品に多く含まれています。

●ビタミンA
受けたダメージを修復したり、古い角質を剥がれ落ちやすくしてくれます。
食品:うなぎ・ニンジン・かぼちゃ・レバー

 

●ビタミンB
皮膚や粘膜の発育をサポートしたり、新陳代謝をサポートするエネルギーを作ってくれます。
食品:大豆・豚肉・かつお・まぐろ・卵・バナナ

 

●ビタミンC
くすみケアにおいて有名な成分ですが、メラニン色素が生成されるのを抑制したり、コラーゲンの生成にも関係しています。
食品:キウイ・いちご・みかん・れんこん・ほうれん草

 

③ 「ハイドロキノン」配合のスキンケアを選ぶ

white_img_20

「ハイドロキノン」は、メラニンを作る「メラノサイト」に直接アプローチできる画期的な成分です。
2000年頃まではお医者さんだけが知る「魔法のクリーム」でしたが、2001年の法改正に伴って化粧品への配合が可能になり、一般消費者の中でも認知度が上がりました。

 

しかし、高配合だからいいというわけではありません。

「ハイドロキノン」は濃度に比例して肌への刺激が強くなるという問題があり、肌が炎症を起こす可能性もあります。
そのため、配合濃度が1~2%と低くても効率的にアプローチできる「高い浸透力」を持ったスキンケアを選ぶことが必要です。

ハイドロキノンを肌に届ける米国発の浸透技術がすごい

 

 

今回ご紹介する化粧品『ビーグレン』も「浸透力を高める独自技術」で、肌の奥※2まで効率的にハイドロキノンを届けることを実現させた化粧品のひとつです。

 

医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した、「100ナノサイズのカプセル」に成分を閉じ込めてしまう浸透の最先端技術「QuSome®(キュ―ソーム)」を採用してハイドロキノンを肌の奥※2に運ぶことで、低濃度でもダイレクトに「くすみ※1」に働きかけることを可能にしました。

 

brian_img_2

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学博士を取得後、同校で医療技術DDS(ドラックデリバリーシステム)の研究に従事。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化する。94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。現在も経皮デリバリーシステムの第一人者として日夜研究活動を続けている。

 

この商品のリピート率は98.5%※3。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には

医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※4、美容業界も大注目しています!

一週間試せる『ホワイトケア トライアルセット』が、通常6,412円(税抜)から71%OFFの1,800円(税抜)で購入できるのでとってもお得です。

 

いかがでしたか?

ぜひ今回ご紹介したくすみ※1ケアを実践し、寒い季節も透明感のある肌を目指しましょう!

 

>>詳細はこちら

 

※1:老廃物や汚れを指します
※2:角質層まで
※3:過去1年間の返品率から算出(2016年8月ビバリーグレンラボラトリーズ(株)調べ)

※4:2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載