カテゴリー別アーカイブ: ディープ

老けた印象を与える「おでこ」や「眉間」の深いシワ…。 スキンケアで消すことはできるのか?

line_img_1

 

「見て見ぬフリをしていたけど…ますますくっきりしてきた。」

 

「表情ジワが消えない…」

 

「おでこ」や「眉間」に刻まれた深いシワ…。

 

一度深く刻まれてしまったシワは、なかなか消すことができないと言われています。

 

特にくっきりしたシワは、老けた印象を与えてしまうもの。余計なシワのせいで実年齢よりも老けて見られるなんて、悲しいですよね。

 

今回は、深いシワを解消するために意識するべきポイントをご紹介していきます。

肌が老化する一番の原因は◯◯

 

line_img_2

 

そもそも、どうして年齢とともに肌が老化していくのでしょうか?

 

その大きな原因と言われているのが「光老化(こうろうか)」です。
「光老化」とは、紫外線によって肌がダメージを受け、“シミ”“シワ”などのトラブルを引き起こしてしまうこと。

 

紫外線は「肌のハリ」に関係する“コラーゲン”や“エラスチン”を破壊するだけでなく、これらの成分を作り出す機能にまでもダメージを与えてしまいます。

 

ハリがなくなればシワを押し返す力も弱くなるため、一度刻まれたシワがなかなか戻らなくなるのは当然ですよね。

 

特に印象に大きな影響を与える「おでこ」や「眉間」は、顔の中でも紫外線を浴びやすい部位のため、シワが残りやすいのです。

 

では「光老化」によってダメージを受けた肌をどうやってケアすれば良いのでしょうか。

 

more_know_button

 

ボロボロ肌を立て直す成分「レチノール」

 

line_img_11

 

「光老化」によってダメージを受けた肌は、肌の土台がボロボロの状態。

 

そんな肌を立て直すために取り入れたいのが「レチノール」という成分です。

 

レチノールは「ビタミンA」の一種で、肌のハリを作り出す機能を元気にさせて、コラーゲンやエラスチンなどの生産をサポートしたり、お肌のターンオーバーを整える働きを持っています。

 

使い続ければ、頑固に刻まれた深いシワを解きほぐしてくれる働きも期待できます。

 

レチノールは鶏肉(レバー)やあん肝などに多く含まれていますが、効率良く摂るためにはスキンケアなどで外側から補うことが大切です。

 

ただし、レチノールはデリケートな成分の為、肌のバリア機能に阻まれて肌の奥※1まで浸透しない、また浸透できたとしても安定して肌に留まることができないため、効果的に深いシワに対してアプローチすることが難しいとされてきました。

くっきりシワを消す!
究極のスキンケアで若返る

 

そんなレチノールの課題をクリアし、効果的に深いシワをケアするスキンケアとして注目を集めているのが、サイエンスコスメ“ビーグレン”の「エイジングケア プログラム」です。

 

line_img_17

 

なんと実際に使った方の98.5%※2がリピートをしていて、雑誌やSNSにも多く取り上げられ、
コスメマイスターやビューティーコンサルタントなどの美容のプロからも支持されている商品なんです!

 

美容家コンテンツ750_500

 

単にこれらの成分が配合されているだけでなく、「しっかりと浸透し、安定して長時間効果が持続する技術が使われている」のが特長です。

 

その秘密は、医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されているところ。

 

brian_img_2

 

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得後、同校で医療技術DDS(ドラッグデリバリーシステム)の研究に従事。教授としても長年教鞭を執る。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化し、94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。

 

キューソームは、肌に浸透しにくい化粧品の有効成分を、直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)というサイズの超微小カプセルに閉じ込めて、肌の奥※1まで届け、同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させるすごい技術なんです。

 

line_img_6

 

また、化粧水のQuSomeローションには 「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され、※3 医学誌に掲載される※4程に注目された新技術が使われています。
この技術を取り入れた『ビーグレン』は、美容家の間でも話題になっているそうですよ!

 

実際に使われた愛用者の方からも

 

“乾燥していて、衰えを感じていた肌にハリが出ました!額、眉間など、ずっと悩んでいたことを忘れてしまうほどです。”
 
“敏感肌で乾燥肌、年齢肌の私がトラブルなく使える奇跡のスキンケアですね。おかげで同じ年齢の人よりも若く見られるし、深いシワにも悩まず済んでいます。”

※個人の感想です。実感を保証するものではございません。

 

と喜びの声が届いています。

 

実際に私も使ってみました!
感動の実感…

 

そこで私もどれだけの効果を体感することができるのか気になり・・・

 

実際にビーグレンの「エイジングケア トライアルセット」を試してみました!!

 

ステップ1
洗顔料:クレイウォッシュ

 

泡立たないのに、洗い上がりは「しっとりもっちり」で全くつっぱりがなく洗い上がりが良かったです!希少価値の高いモンモリロナイトが配合さているのでしっかりと汚れを落としてくれているんだと感じました。

 

line_img_12

 

ステップ2
化粧水:QuSomeローション

 

「QuSomeローション」を肌になじませると、つけ心地はさっぱりしていてベタつきもなく、お肌に馴染んでいきます。ローションを使用後は長時間保湿されていて、色んな肌のトラブルを改善してくれそうです!

 

line_img_13

 

ステップ3
美容液:Cセラム

 

これが噂の、たっぷり高濃度のピュアビタミンCを配合した美容液!つけた瞬間にポッと暖かい温感が。肌への刺激は全く感じず、優しい使いごこち!

 

line_img_14

 

ステップ4
美容液:QuSomeレチノA

 

柑橘系の良い匂いがします。クリームになっているので気になる部分に簡単に塗り込むことができました。特にベタつきもなくサラッとしたテクスチャーでした。

 

line_img_15

 

ステップ5
クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

仕上げのクリームでお肌にフタを。ベタつきなど違和感がないしっとり感でした。

 

line_img_16

 

5つのステップでケアをして寝た翌朝の肌にびっくり!

 

ハリを失っていた肌がふっくらしているのを感じて、深いシワだけでなく全体的に肌が喜んでる!と感じられた使い心地でした。

 

なにより、使い続けていたらあれだけ目立っていたおでこや眉間の深いシワが気にならなくなってきたんです!内側からまるで押し返されているようにハリが戻ったので、これからも続けたいと思いました!

 

初めての方は
専用のトライアルセットがおすすめ!

 

ビーグレンのエイジングケアトライアルセット

 

line_img_4

 

まずは効果を気軽に試したい方に「エイジングケア トライアルセット」から始めるのがおすすめです。

 

レチノール配合の美容液「QuSomeレチノA」の他、洗顔からクリームまでラインで試せて通常価格6,412円(税抜)相当が71%OFFの1,800円(税抜)なのでとってもお得です!

 

もし効果を感じられなかった場合でも、なんと365日も返金保証してくれるのですから、とっても安心ですね!

 

老けた印象を解消して、若々しくありたいと思う方は、ぜひ一度お試しして、驚きのふっくら肌を取り戻してみませんか?

 

tryal_button


※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※4 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

老けた印象を与える「おでこ」や「眉間」の深いシワ…。 スキンケアで消すことはできるのか?

line_img_1

 

「見て見ぬフリをしていたけど…ますますくっきりしてきた。」

 

「表情ジワが消えない…」

 

「おでこ」や「眉間」に刻まれた深いシワ…。

 

一度深く刻まれてしまったシワは、なかなか消すことができないと言われています。

 

特にくっきりしたシワは、老けた印象を与えてしまうもの。余計なシワのせいで実年齢よりも老けて見られるなんて、悲しいですよね。

 

今回は、深いシワを解消するために意識するべきポイントをご紹介していきます。

肌が老化する一番の原因は◯◯

 

line_img_2

 

そもそも、どうして年齢とともに肌が老化していくのでしょうか?

 

その大きな原因と言われているのが「光老化(こうろうか)」です。
「光老化」とは、紫外線によって肌がダメージを受け、“シミ”“シワ”などのトラブルを引き起こしてしまうこと。

 

紫外線は「肌のハリ」に関係する“コラーゲン”や“エラスチン”を破壊するだけでなく、これらの成分を作り出す機能にまでもダメージを与えてしまいます。

 

ハリがなくなればシワを押し返す力も弱くなるため、一度刻まれたシワがなかなか戻らなくなるのは当然ですよね。

 

特に印象に大きな影響を与える「おでこ」や「眉間」は、顔の中でも紫外線を浴びやすい部位のため、シワが残りやすいのです。

 

では「光老化」によってダメージを受けた肌をどうやってケアすれば良いのでしょうか。

 

more_know_button

ボロボロ肌を立て直す成分「レチノール」

 

line_img_11

 

「光老化」によってダメージを受けた肌は、肌の土台がボロボロの状態。

 

そんな肌を立て直すために取り入れたいのが「レチノール」という成分です。

 

レチノールは「ビタミンA」の一種で、肌のハリを作り出す機能を元気にさせて、コラーゲンやエラスチンなどの生産をサポートしたり、お肌のターンオーバーを整える働きを持っています。

 

使い続ければ、頑固に刻まれた深いシワを解きほぐしてくれる働きも期待できます。

 

レチノールは鶏肉(レバー)やあん肝などに多く含まれていますが、効率良く摂るためにはスキンケアなどで外側から補うことが大切です。

 

ただし、レチノールはデリケートな成分の為、肌のバリア機能に阻まれて肌の奥※1まで浸透しない、また浸透できたとしても安定して肌に留まることができないため、効果的に深いシワに対してアプローチすることが難しいとされてきました。

くっきりシワを消す!
究極のスキンケアで若返る

 

そんなレチノールの課題をクリアし、効果的に深いシワをケアするスキンケアとして注目を集めているのが、サイエンスコスメ“ビーグレン”の「エイジングケア プログラム」です。

 

line_img_17

 

なんと実際に使った方の98.5%がリピートをしている商品。

 

単にこれらの成分が配合されているだけでなく、「しっかりと浸透し、安定して長時間効果が持続する技術が使われている」のが特長です。

 

その秘密は、医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されているところ。

 

brian_img_2

 

ブライアン・ケラー博士
カリフォルニア大学サンフランシスコ校で薬学の博士号を取得後、同校で医療技術DDS(ドラッグデリバリーシステム)の研究に従事。教授としても長年教鞭を執る。米国初のDDSを採用した皮膚麻酔薬を製品化し、94年に独自のDDSテクノロジー「キューソーム」を完成させた。

 

キューソームは、肌に浸透しにくい化粧品の有効成分を、直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)というサイズの超微小カプセルに閉じ込めて、肌の奥※1まで届け、同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させるすごい技術なんです。

 

 

また、化粧水のQuSomeローションには 「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され、※3 医学誌に掲載される程に注目された新技術が使われています。※4
この技術を取り入れた『ビーグレン』は、美容家の間でも話題になっているそうですよ!

 

実際に使われた愛用者の方からも

 

“乾燥していて、衰えを感じていた肌にハリが出ました!額、眉間など、ずっと悩んでいたことを忘れてしまうほどです。”
 
“敏感肌で乾燥肌、年齢肌の私がトラブルなく使える奇跡のスキンケアですね。おかげで同じ年齢の人よりも若く見られるし、深いシワにも悩まず済んでいます。”

※個人の感想です。実感を保証するものではございません。

 

 

と喜びの声が届いています。

 

実際に私も使ってみました!
感動の実感…

 

そこで私もどれだけの効果を体感することができるのか気になり・・・

 

実際にビーグレンの「エイジングケア トライアルセット」を試してみました!!

 

ステップ1
洗顔料:クレイウォッシュ

 

泡立たないのに、洗い上がりは「しっとりもっちり」で全くつっぱりがなく洗い上がりが良かったです!希少価値の高いモンモリロナイトが配合さているのでしっかりと汚れを落としてくれているんだと感じました。

 

line_img_12

 

ステップ2
化粧水:QuSomeローション

 

「QuSomeローション」を肌になじませると、つけ心地はさっぱりしていてベタつきもなく、お肌に馴染んでいきます。ローションを使用後は長時間保湿されていて、色んな肌のトラブルを改善してくれそうです!

 

line_img_13

 

ステップ3
美容液:Cセラム

 

これが噂の、たっぷり高濃度のピュアビタミンCを配合した美容液!つけた瞬間にポッと暖かい温感が。肌への刺激は全く感じず、優しい使いごこち!

 

line_img_14

 

ステップ4
美容液:QuSomeレチノA

 

柑橘系の良い匂いがします。クリームになっているので気になる部分に簡単に塗り込むことができました。特にベタつきもなくサラッとしたテクスチャーでした。

 

line_img_15

 

ステップ5
クリーム:QuSomeモイスチャーリッチクリーム

 

仕上げのクリームでお肌にフタを。ベタつきなど違和感がないしっとり感でした。

 

line_img_16

 

5つのステップでケアをして寝た翌朝の肌にびっくり!

 

ハリを失っていた肌がふっくらしているのを感じて、深いシワだけでなく全体的に肌が喜んでる!と感じられた使い心地でした。

 

なにより、使い続けていたらあれだけ目立っていたおでこや眉間の深いシワが気にならなくなってきたんです!内側からまるで押し返されているようにハリが戻ったので、これからも続けたいと思いました!

 

初めての方は
専用のトライアルセットがおすすめ!

 

ビーグレンのエイジングケアトライアルセット

 

line_img_4

 

まずは効果を気軽に試したい方に「エイジングケア トライアルセット」から始めるのがおすすめです。

 

レチノール配合の美容液「QuSomeレチノA」の他、洗顔からクリームまでラインで試せて通常価格6,412円(税抜)相当が71%OFFの1,800円(税抜)なのでとってもお得です!

 

もし効果を感じられなかった場合でも、なんと365日も返金保証してくれるのですから、とっても安心ですね!

 

老けた印象を解消して、若々しくありたいと思う方は、ぜひ一度お試しして、驚きのふっくら肌を取り戻してみませんか?

 

tryal_button


※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※4 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

老けた印象を与える「おでこ」や「眉間」のくっきりライン…。 解消するために押さえておきたい3つのポイントとは?

line_img_1

「見て見ぬフリをしていたけど…ますますくっきりしてきた。」


「表情ジワが消えない…」


「おでこ」や「眉間」に刻まれた深いくっきりライン…。

一度深く刻まれてしまったラインは、なかなか消すことができないと言われています。

特にくっきりしたラインは、老けた印象を与えてしまうもの。余計なラインのせいで実年齢よりも老けて見られるなんて、悲しいですよね。
今回は、くっきりラインを解消するために意識するべきポイントをご紹介していきます。

 

肌が老化する一番の原因は◯◯

 

line_img_2

 

そもそも、どうして年齢とともにくっきりラインが目立ってくるのでしょうか?

その大きな原因と言われているのが「光老化(こうろうか)」です。

「光老化」とは、紫外線によって肌がダメージを受け、“シミ”“シワ”などのトラブルを引き起こしてしまうこと。

紫外線は「肌のハリ」に関係する“コラーゲン”や“エラスチン”を破壊するだけでなく、これらの成分を作り出す機能にまでもダメージを与えてしまいます。

ハリがなくなればシワを押し返す力も弱くなるため、一度刻まれたシワがなかなか戻らなくなるのは当然ですよね。

 

深いシワ

 

 

特に印象に大きな影響を与える「おでこ」や「眉間」は、顔の中でも紫外線を浴びやすい部位のため、シワが残りやすいのです。

では「光老化」によってダメージを受けた肌はどうやってケアすれば良いのでしょうか。

「光老化」でボロボロになった肌
土台を立て直す3つのポイント

 

「光老化」によってダメージを受けた肌は、肌の土台がボロボロの状態。

いくら表面的なケアをしても、意味がありません。今回は、肌の土台を立て直すために必要な3つのポイントを紹介していきます。

 

①紫外線対策をする
「光老化」の根源となる紫外線を遮断するためには肌の露出を極力控えることが大切です。外に出る時に日傘、帽子、手袋、サングラスなどを着用したり、首もとや耳、アゴ下などにも日焼け止めを塗ることで紫外線を遮断しましょう。紫外線は曇やガラスを通り抜けることができるので、屋内でも油断は禁物。曇った日や雨の日でもしっかりと紫外線対策をすることがポイントです。

 

②保湿をする
深いラインは元々乾燥によってできる「小ジワ」が悪化してできるものです。 そのため肌にうるおいを補給して、「小ジワ」の原因となる乾燥を防ぐことが大切です。起床後、日中、就寝前など保湿ケアはマメに行うことがポイント。入浴後の肌は特に乾燥しやすいため、お風呂あがり5分以内には保湿することを意識しましょう。

 

③レチノール(ビタミンA)配合の化粧品を使う
お手入れの最後に取り入れたいのが、「レチノール」という成分。
レチノールは「ビタミンA」の一種で、肌のハリを作り出す機能を元気にさせて、コラーゲンやエラスチンなどの生産をサポートしたり、お肌のターンオーバーを整える働きを持っています。また、使い続けることで、頑固に刻まれた深いラインを解きほぐしてくれる働きも期待できます。

レチノールは鶏肉(レバー)やあん肝などに多く含まれていますが、効率的に摂るためにはスキンケアなどで外側から補うことが大切です。

ただし、レチノールは、皮脂などの肌のバリア機能に阻まれてしまい、そのままではなかなかお肌に浸透※1しないため、しっかりと届ける手段として、成分が「浸透カプセル化」されていたり、「高濃度化」されているものを選ぶようにしましょう。

くっきりラインをケアする
究極の対策プログラムがスゴイ

 

エイジング

 

そこで今、人気を集めているのはサイエンスコスメ“ビーグレン”の「エイジングケア トライアルセット」です。「レチノール(ビタミンA)」がたっぷりと配合され、くっきりラインをケアする化粧品のひとつとして高い評価を得ています。

 

人気の秘密は、医療技術・DDS(ドラッグデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した「QuSome®(キューソーム)」という浸透技術が採用されている点です。

 

brian_img_2-768x448

 

皮膚は皮脂などのバリア機能に守られているため、ビタミンなどの成分は、なかなか肌の奥※1まで浸透させることができず、美容成分を肝心な場所へと届けることができません。

しかし「QuSome®(キューソーム)」は髪の毛の太さの1/500の超微小カプセルに美容成分を閉じ込め、肌の奥※1までしっかり届けることを可能にしたのです。

 

浸透技術

 

98.5%※2がリピートをしている商品。さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※3、美容業界も大注目しています!

 

2種類のビタミンA類成分を組み合わせた「QuSomeレチノA」は、刻まれた深いラインにじっくり働きかけ、固まってしまっていた頑固なラインを解きほぐしてくれます。そこに、ビタミンCを高濃度(7.5%)の状態で配合した「Cセラム」をつけることで内側からハリを生み出します。

この「エイジングケアトライアルセット」、もし効果を感じられなかった場合にはなんと365日もの期間、返金保証をしてくれますので、気になった方は一度試してみてもいいかもしれませんね。

老けた印象を解消して、若々しくありたい方は、ぜひ今回ご紹介した3つのケアを心がけてみてください!

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載