カテゴリー別アーカイブ: YCD

顔面マッサージと 一緒に使うならコレ!「たるみ・ほうれい線」用の スキンケア製品とは?

 

お顔の筋トレ「顔面エクササイズ」を習得したら、その努力の結果を少しでも早く実感したいものですよね。

 

それには「顔面エクササイズ」と一緒に「たるみ・ほうれい線」用のスキンケアを使うと良いんです!

 

皆さんは、どんな専用のスキンケア製品があるのか、ご存知ですか?

 

「たるみ・ほうれい線」ケアで一目置かれているのが、ビーグレンのお肌悩み別のスキンケアシリーズなんです。詳しくご紹介していきます!

 

雑誌でも取り上げられた浸透技術!話題のほうれい線美容液!

今や雑誌にも多く取り上げられ、コスメマイスターやビューティーコンサルタントなどの美容のプロからも 支持されている「ビーグレン」

 

このブランドの製品には、浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」という浸透技術が採用されています。

 

「QuSome®」とは・・・?
肌に浸透しにくい美容成分を必要な場所に届け、長時間滞留させる浸透技術です。アメリカの医療技術の世界的な権威、ブライアン・ケラー博士が開発しました。

 

この技術があることで、通常浸透しにくいリフトアップ成分を肌の奥深くまでしっかり届けてくれるんです。

 

この技術が使われているビーグレンの「QuSomeリフト」のリピート率はなんと98.5%!※2 というから驚き。ビーグレンのコスメの実力が感じられます。

 

※b.glenアドバイザー

 

海外の浸透技術を使用しているため、お肌に合うか不安な方もいらっしゃると思います。

 

でもご安心ください。「ビーグレン」は日本人のお肌に合うように国内で製造しています。

 

さらに、無香料・無着色で本当に必要な成分を厳選して配合しているため、お肌への負担が少ないことが特徴です!

 

 

 

塗ってすぐに感じられる、驚きの浸透力・・・!

 

このマッサージ美容液「QuSomeリフト」は 直径2~2.5cm程度の美容液を手のひらにのせ、顔全体と首にのばします。

 

fold_img_14

 

さらさらっとした美容液でベタつきがなくて、なんといっても伸びが良いです!

 

気になる箇所は特に下から上へと引き上げるようにすべらせます。これでリンパの流れもスムーズになり、毎朝気になっていた顔のむくみがとれて輪郭がスッキリ!

 

「ほうれい線が!」と多くの声

 

「ビーグレン」を使って、ハリ肌を実感している方の嬉しい声が届いています。その中から一部を紹介させていただきます!

50代前半 / 女性/ 混合肌

50代前半 / 女性/ 混合肌
使用して3日目に右側のほうれい線が薄くなってます
半信半疑でお試しセット注文しましたが使用して3日目に右側のほうれい線が薄くなってます。特に気になっていたマリオネットは無くなっている!嬉しいです。このまま使用していきたいと思います。

 

40代前半 / 女性/ 普通肌

40代前半 / 女性/ 普通肌

鼻の横のたるんだ頬のお肉もスッキリ
気になってきたほうれい線。夜だけ使用していますが、それでも薄くなってきました。鼻の横のたるんだ頬のお肉もスッキリして、友人には痩せた?と聞かれたので、むくみもなくなってきたのだとおもいます。

 

30代後半 / 女性 / 混合肌

30代後半 / 女性 / 混合肌

鏡を下からみるとよくわかります
リフトクリームを毎日愛用。鏡を下からみるとよくわかります。上がってる。お手入れが楽しみになりトライアルからずっと愛用しています。美容整形で切らないマシーンでリフトしたりしていましたが、こちらが上がっているかもしれません。

 

※個人の感想です。実感を保証するものではございません

 

 

7日間「ほうれい線ケア」を試せるトライアルセットがある

 

「QuSomeリフト」は通常価格では7,000円(税抜)ですが、「QuSomeリフト」と洗顔からクリームまでをラインで1週間分使える「ほうれい線ケアトライアルセット」なら通常1,800円(税抜)でお試しができます。

 

fold_img_10

 

トライアルセットだと、マッサージ美容液「QuSomeリフト」のほかに人気の洗顔料、「17時間もの保湿効果」を医学会に認定され※6、医学誌に掲載※7される程に注目された新技術が使われている化粧水も一緒に入っています。

 

ビーグレンのシリーズを色々お得に試すことができるのも嬉しいですね。

 

これまでのスキンケアで効果を感じられなかった方も、ほうれい線に負けないピーンと張ったハリ肌を手に入れて、老け顔の悩みから脱出するチャンスです!

 

↓詳しくはコチラからどうぞ。↓

 

 

※1 角質層まで
※2 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ
※3 モニター20人
※4 マッサージによる効果
※5 2016年 8月 JACTA調べ
※6 2016年10月13日 日本先端医療医学会認定(Charged QuSome®)
※7 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載

いくつになっても美顔をキープ!本気エイジングケアを大公開!

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

口元周りのケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
その口元周りのケアを一生懸命しても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

口元周りの悩みはシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることが原因なんです。
つまり、口元周りのケアには、「頬の引き締め」に重点を置く必要があるんです。

 

ほうれい線には、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、口元周りに深く刻まれていきますよね。その原因は3つあります。
1つ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。
 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように原因はさまざまなので、ベロ回しやマッサージ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、口元周りの本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。

 

口元周りを本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

 
口元周りのケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

 

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です>せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

 
肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。

 

口元周りのケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気で口元周りのケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、口元周りの悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つの口元のケアに必要なハリ・弾力成分と、肌の奥※1まで成分を届ける独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

エイジングケアに必要な引き締め成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,588円(税抜)が、通常67%OFFの1,800円(税抜)で試しができます。

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレン本気の口元周りのケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

いくつになっても美顔をキープ!「ほうれい線」の本気ケアを大公開! ~修正中~

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見ると口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

ほうれい線のためにケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによってシワのように見えているのです。
つまり、ほうれい線のケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。

 

ほうれい線ができるのは、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように「たるみ」の原因はさまざまなので、ベロ回しやマッサージ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。

 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。

 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることを可能にした、独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分や、ヒアルロン酸や脂肪を増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,588円(税抜)が、通常67%OFFの1,800円(税抜)で試せるところ、
2017年6月9日~6月30日限定でサマーセールのため、71%OFFの1,620円(税抜)でお試しができます。
しかも送料無料、代引き手数料無料、365日間返金受付も可能です!

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

“ニキビの痕”が気になる人が知っておきたい「正しいケア」とは? 「修正対応記事」

*この記事は2分30秒ほどで読めます

 

「はぁ、色々試してもニキビの痕が…辛い。

 

ファンデで隠しきれないニキビの痕のせいで、オシャレにも自信がもてず、落ち込む日々…。仲の良い友達の肌を羨ましく思ったり、彼にも見られているのでは?と内心不安に思っていませんか?

 

鏡を見る度に、「このニキビの痕が…」と憂鬱な気分になりますよね。

 

なぜ努力をしているにもかかわらず、すっぴんに自信が持てないのでしょうか?

 

実は私たちは、ニキビの痕ケアで最も大切な二つのことを見落としてきていました。そして、いつまでも結果のでないケアを繰り返していたのです。

 

なぜできる? 悩める「3大ニキビの痕」

 

ニキビの痕はニキビの炎症によってできるものですが、炎症の進行具合によってそのタイプが変わってきます。

 

「赤み」
ポツリと目立ってメイクの邪魔をする肌の赤み。ニキビはほとんど治っているのに、長々と赤く残った状態。
これは、皮膚にできた傷を治そうとするはたらきで、毛細血管が多く形成されたり拡張したりした結果です。

「色素沈着」
いつまでも肌に残り続ける薄茶色の色素沈着。これはニキビが炎症を起こした後の赤みニキビ跡が、茶色いシミになったものです。紫外線にあたるとメラニン生成が促進されて、跡がさらに消えにくくなります。

「クレーター」
一番深刻な悩みともいえるクレーター肌。ニキビが炎症を起こしたときに、表皮の奥の真皮にまで到達したダメージ跡です。コラーゲン組織が破壊されて肌が凹み、まるで月のクレーターのようにぽっこりと跡が残ってしまうのです。

 

このようにタイプによってできる原因は様々。原因が異なれば、解決策も異なります。

では、それぞれどのようなケアが必要なのでしょうか?

 

ニキビ跡ケアで重要な2つのポイントとは?

 

ニキビ跡ケアで重要なのは「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」

この2つのポイントを押さえることがポイントです。

 

■ケアする成分

 

 

ニキビ跡のタイプによって、ケアする成分は異なります。

 

・赤みなら傷ついた肌をケアし、肌のサイクルを正常にする成分

・色素沈着ならメラニン生成を防ぎながらできてしまったシミをケアする成分

・クレーター肌なら凹んだ部分を内側から押し返す成分

 

が必要です。

 

これらの成分が配合されているかどうかが重要になるので、コスメを選ぶ際には配合成分をきちんと確認しましょう!

 

■肌へのアプローチ方法

 

 

これはどんな肌トラブルにも共通して言えることですが、せっかくの成分もトラブルの元に届かなければ意味がありません。

そのため、成分だけではなく「成分をきちんと浸透させる技術が使われているか」に注目したコスメを選ぶことが大切です。

化粧品のパッケージや商品説明等をよく読んで、説明がされてるかを確認することが大切です。

 

 

ビーグレンのニキビ跡ケア トライアルセット

 

 

肌の奥までしっかりと美容成分を浸透させ、ニキビ跡にアプローチする『b.glen(ビーグレン)』もこの条件を満たしたスキンケアのひとつです。

 

赤み・色素沈着・クレーター等のニキビ跡にアプローチする成分を含むこのコスメには、浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されています。「QuSome®(キューソーム)」は医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した画期的な技術です。

 

 

肌に浸透しにくい化粧品の美容成分を直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)サイズの超微小カプセルに閉じ込め、皮膚細胞と皮膚細胞の間をスルスルと通り抜けて、肌の奥まで届くと同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させるという最先端の浸透テクノロジーが使われています。

 

b.glen(ビーグレン)は、芸能人や美容のプロの間でも話題になっており、芸能人の安田美沙子さん、ハリウッド女優を顧客にもつメイクアップアーティスト小笠原 彩さんなど、数多くの方も愛用しているようです。

 

ニキビ跡ケア トライアルセット』として、4,422円(税抜)が初回限定59%OFFの通常1,800円(税抜)でお試しができるますが…

 

2017年6月9日~6月30日の期間中、半期に1回のBIGSALEが行われているので、63%OFFの1,620円(税抜)でお試しができるんです!
365日間の返金保証もあるので一度試してみるのもいいかもしれません。
ぜひ「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」、2つのポイントを満たすスキンケアで、ニキビ跡を整え、自信がもてるツルスベ肌を手に入れましょう!

 

※角層まで

 

いくつになっても美顔をキープ!刻まれた口元周りのケアを大公開!

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見ると口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

口元周りのケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによって口元周りにくぼみができているだけなのです。
つまり、口元周りのケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。

 

3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、口元周りにが深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように「たるみ」の原因はさまざまなので、ベロ回しやマッサージ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。

 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。

 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を届ける独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,588円(税抜)が、通常67%OFFの1,800円(税抜)で試しができます。

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

いくつになっても美顔をキープ!「ほうれい線」の本気ケアを大公開!

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見ると口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

ほうれい線のためにケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによってシワのように見えているのです。
つまり、ほうれい線のケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。

 

ほうれい線ができるのは、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように「たるみ」の原因はさまざまなので、ベロ回しやマッサージ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。
 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。
 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることを可能にした、独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分や、こけてしまった頬のヒアルロン酸や脂肪を増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,578円(税抜)が、なんと67%OFFの1,800円(税抜)で試せます。
しかも送料無料、代引き手数料無料、365日間返金受付も可能です!

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

“ニキビ跡肌”の人が知っておきたい「正しいケア」とは?

*この記事は2分30秒ほどで読めます

 

「はぁ、色々試してもニキビ跡が消えなくて辛い…」

 

ファンデで隠しきれないニキビ跡のせいで、オシャレにも自信がもてず、落ち込む日々…。仲の良い友達の肌を羨ましく思ったり、彼にも見られているのでは?と内心不安に思っていませんか?

 

鏡を見る度に、「このニキビ跡がなかったら…」と憂鬱な気分になりますよね。

 

なぜ努力をしているにもかかわらず、ニキビ跡ケアの効果を感じられないのでしょうか?

 

実は私たちは、ニキビ跡ケアで最も大切な二つのことを見落としてきていました。そして、いつまでも結果のでないニキビ跡ケアを繰り返していたのです。

 

ニキビ跡はなぜできる? 悩める「3大ニキビ跡」

 

ニキビ跡はニキビの炎症によってできるものですが、炎症の進行具合によってそのタイプが変わってきます。

 

「赤み」
ポツリと目立ってメイクの邪魔をする肌の赤み。ニキビはほとんど治っているのに、長々と赤く残った状態。
これは、皮膚にできた傷を治そうとするはたらきで、毛細血管が多く形成されたり拡張したりした結果です。

「色素沈着」
いつまでも肌に残り続ける薄茶色の色素沈着。これはニキビが炎症を起こした後の赤みニキビ跡が、茶色いシミになったものです。紫外線にあたるとメラニン生成が促進されて、跡がさらに消えにくくなります。

「クレーター」
一番深刻な悩みともいえるクレーター肌。ニキビが炎症を起こしたときに、表皮の奥の真皮にまで到達したダメージ跡です。コラーゲン組織が破壊されて肌が凹み、まるで月のクレーターのようにぽっこりと跡が残ってしまうのです。

 

このようにタイプによってできる原因は様々。原因が異なれば、解決策も異なります。

では、それぞれどのようなケアが必要なのでしょうか?

 

ニキビ跡ケアで重要な2つのポイントとは?

 

ニキビ跡ケアで重要なのは「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」

この2つのポイントを押さえることがポイントです。

 

■ケアする成分

 

 

ニキビ跡のタイプによって、ケアする成分は異なります。

 

・赤みなら傷ついた肌をケアし、肌のサイクルを正常にする成分

・色素沈着ならメラニン生成を防ぎながらできてしまったシミをケアする成分

・クレーター肌なら凹んだ部分を内側から押し返す成分

 

が必要です。

 

これらの成分が配合されているかどうかが重要になるので、コスメを選ぶ際には配合成分をきちんと確認しましょう!

 

■肌へのアプローチ方法

 

 

これはどんな肌トラブルにも共通して言えることですが、せっかくの成分もトラブルの元に届かなければ意味がありません。

そのため、成分だけではなく「成分をきちんと浸透させる技術が使われているか」に注目したコスメを選ぶことが大切です。

化粧品のパッケージや商品説明等をよく読んで、説明がされてるかを確認することが大切です。

 

 

ビーグレンのニキビ跡ケア トライアルセット

 

 

肌の奥までしっかりと美容成分を浸透させ、ニキビ跡にアプローチする『b.glen(ビーグレン)』もこの条件を満たしたスキンケアのひとつです。

 

赤み・色素沈着・クレーター等のニキビ跡にアプローチする成分を含むこのコスメには、浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されています。「QuSome®(キューソーム)」は医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した画期的な技術です。

 

 

肌に浸透しにくい化粧品の美容成分を直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)サイズの超微小カプセルに閉じ込め、皮膚細胞と皮膚細胞の間をスルスルと通り抜けて、肌の奥まで届くと同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させるという最先端の浸透テクノロジーが使われています。

 

b.glen(ビーグレン)は、芸能人や美容のプロの間でも話題になっており、芸能人の安田美沙子さん、ハリウッド女優を顧客にもつメイクアップアーティスト小笠原 彩さんなど、数多くの方も愛用しているようです。

 

ニキビ跡ケア トライアルセット』として、4,422円(税抜)が初回限定59%OFFの通常1,800円(税抜)でお試しができます。
 

365日間の返金保証もあるので一度試してみるのもいいかもしれません。
ぜひ「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」、2つのポイントを満たすスキンケアで、ニキビ跡を整え、自信がもてるツルスベ肌を手に入れましょう!

 

※角層まで

 

“ニキビ跡肌”の人が知っておきたい「正しいケア」とは?

*この記事は2分30秒ほどで読めます

 

「はぁ、色々試してもニキビ跡が消えなくて辛い…」

 

ファンデで隠しきれないニキビ跡のせいで、オシャレにも自信がもてず、落ち込む日々…。仲の良い友達の肌を羨ましく思ったり、彼にも見られているのでは?と内心不安に思っていませんか?

 

鏡を見る度に、「このニキビ跡がなかったら…」と憂鬱な気分になりますよね。

 

なぜ努力をしているにもかかわらず、ニキビ跡ケアの効果を感じられないのでしょうか?

 

実は私たちは、ニキビ跡ケアで最も大切な二つのことを見落としてきていました。そして、いつまでも結果のでないニキビ跡ケアを繰り返していたのです。

 

ニキビ跡はなぜできる? 悩める「3大ニキビ跡」

 

ニキビ跡はニキビの炎症によってできるものですが、炎症の進行具合によってそのタイプが変わってきます。

 

「赤み」
ポツリと目立ってメイクの邪魔をする肌の赤み。ニキビはほとんど治っているのに、長々と赤く残った状態。
これは、皮膚にできた傷を治そうとするはたらきで、毛細血管が多く形成されたり拡張したりした結果です。

「色素沈着」
いつまでも肌に残り続ける薄茶色の色素沈着。これはニキビが炎症を起こした後の赤みニキビ跡が、茶色いシミになったものです。紫外線にあたるとメラニン生成が促進されて、跡がさらに消えにくくなります。

「クレーター」
一番深刻な悩みともいえるクレーター肌。ニキビが炎症を起こしたときに、表皮の奥の真皮にまで到達したダメージ跡です。コラーゲン組織が破壊されて肌が凹み、まるで月のクレーターのようにぽっこりと跡が残ってしまうのです。

 

このようにタイプによってできる原因は様々。原因が異なれば、解決策も異なります。

では、それぞれどのようなケアが必要なのでしょうか?

 

ニキビ跡ケアで重要な2つのポイントとは?

 

ニキビ跡ケアで重要なのは「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」

この2つのポイントを押さえることがポイントです。

 

■ケアする成分

 

 

ニキビ跡のタイプによって、ケアする成分は異なります。

 

・赤みなら傷ついた肌をケアし、肌のサイクルを正常にする成分

・色素沈着ならメラニン生成を防ぎながらできてしまったシミをケアする成分

・クレーター肌なら凹んだ部分を内側から押し返す成分

 

が必要です。

 

これらの成分が配合されているかどうかが重要になるので、コスメを選ぶ際には配合成分をきちんと確認しましょう!

 

■肌へのアプローチ方法

 

 

これはどんな肌トラブルにも共通して言えることですが、せっかくの成分もトラブルの元に届かなければ意味がありません。

そのため、成分だけではなく「成分をきちんと浸透させる技術が使われているか」に注目したコスメを選ぶことが大切です。

化粧品のパッケージや商品説明等をよく読んで、説明がされてるかを確認することが大切です。

 

 

ビーグレンのニキビ跡ケア トライアルセット

 

 

肌の奥までしっかりと美容成分を浸透させ、ニキビ跡にアプローチする『b.glen(ビーグレン)』もこの条件を満たしたスキンケアのひとつです。

 

赤み・色素沈着・クレーター等のニキビ跡にアプローチする成分を含むこのコスメには、浸透テクノロジー「QuSome®(キューソーム)」が採用されています。「QuSome®(キューソーム)」は医療技術・DDS(ドラックデリバリーシステム)の世界的な権威でもあるブライアン・ケラー博士が開発した画期的な技術です。

 

 

肌に浸透しにくい化粧品の美容成分を直径70~100ナノ(髪の毛の太さの1/500)サイズの超微小カプセルに閉じ込め、皮膚細胞と皮膚細胞の間をスルスルと通り抜けて、肌の奥まで届くと同時に肌内に長時間滞留させ、効果を持続させるという最先端の浸透テクノロジーが使われています。

 

b.glen(ビーグレン)は、芸能人や美容のプロの間でも話題になっており、芸能人の安田美沙子さん、ハリウッド女優を顧客にもつメイクアップアーティスト小笠原 彩さんなど、数多くの方も愛用しているようです。

 

ニキビ跡ケア トライアルセット』として、4,412円(税抜)が初回限定59%OFFの1,800円(税抜)で1週間分が試せるセットもあります。365日間の返金保証もあるので一度試してみるのもいいかもしれません。

 

 

ぜひ「ケアする成分」と「肌へのアプローチ方法」、2つのポイントを満たすスキンケアで、ニキビ跡を整え、自信がもてるツルスベ肌を手に入れましょう!

 

※角層まで

 

いくつになっても美顔をキープ!「ほうれい線」の本気ケアを大公開!

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見ると口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

ほうれい線のためにケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによってシワのように見えているのです。
つまり、ほうれい線のケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。

 

ほうれい線ができるのは、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように「たるみ」の原因はさまざまなので、ベロ回しやコロコロ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。
 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。
 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

※音声はありません。

※20秒ほどで終わります。

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることを可能にした、独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分や、こけてしまった頬のヒアルロン酸や脂肪を増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,578円(税抜)が、なんと67%OFFの1,800円(税抜)で試せます。
しかも送料無料、代引き手数料無料、365日間返金受付も可能です!

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ

いくつになっても美顔をキープ!「ほうれい線」の本気ケアを大公開!

*この記事は2分30秒ほどで読めます

fold_img_11

 

「いつのまにこんなにくっきり…。なんとかならないかしら?」
ふと鏡を見ると口元に刻まれたほうれい線…。せっかくの笑顔もなんだか曇りがちになってしまいます。
ハイライトを使って若見えメイクをしても、どうしても老けて見られてしまいますよね。

 

ほうれい線のためにケアをしている人も多いと思いますが、ちょっと待ってください!
そのほうれい線を、シワだと思ってせっせとお手入している人が、結構たくさんいるようです。
一生懸命ケアをしても間違ったお手入れでは、せっかくの苦労が水の泡です。

 

ほうれい線はシワではなく、頬と上唇の境界線で、頬が垂れ下がることによってシワのように見えているのです。
つまり、ほうれい線のケアには、頬の「たるみ」にアプローチすることが必要なのです。

 

ほうれい線ができるのは、3つの大きな原因があった!

 

年齢を重ねるごとに、ほうれい線が深く刻まれていく原因は3つあります。
ひとつ目は「ハリを保つ力の減少」、2つ目は「皮膚そのもののたるみ」、3つ目が「顔のむくみ」です。

 

原因1:ハリを保つ力の減少

 

キャプチャ

 

若々しく見える肌にハリがあるのは、コラーゲンやエラスチンという成分が肌をしっかり支えているからです。
ですが、加齢による肌老化はもちろん、紫外線の光老化などが原因で、このコラーゲンやエラスチンに、はたらきの低下や異常が生じて、内側からハリを保つ力が弱くなってしまいます。

 

原因2:皮膚そのもののたるみ

 

キャプチャ3

 

30代を過ぎて急激なダイエットをすると、頬がこけてたるんだ印象になってしまうことがあります。
これは、加齢で頬のヒアルロン酸が減少しているところに、さらに脂肪までもが減少し、皮膚そのものが垂れ下がってしまうことが原因です。
ほうれい線が目立ってくるのも同じ理由で、ヒアルロン酸と脂肪の減少に問題があります。

 

原因3:顔のむくみ

 

キャプチャ2

 

飲み過ぎた翌朝など、水分がうまく排出できなかったり、リンパが滞って老廃物が溜まったりすると、顔がパンパンにむくんでしまうことがあります。
顔がむくむとそれだけ重量が増えますので、筋肉が重さに耐えきれず、頬が垂れ下がってしまいます。

 

このように「たるみ」の原因はさまざまなので、ベロ回しやコロコロ等を対策として行っている方もいるかと思いますが、それだけでは全ての原因にアプローチすることが難しいのです。

 

では、ほうれい線の本気ケアに必要なポイントを紹介していきましょう。
 

ほうれい線を本気でケアする3ステップ!

 

fold_img_13

 

1.肌ふっくらのために必要な成分を増やす

ほうれい線のケアのためには、肌をふっくらさせるコラーゲンやエラスチン、皮膚をぷるんと保つヒアルロン酸や脂肪といった、成分や組織をしっかりキープして増やしていくことが大切!
ですが、これらは年齢とともに減少し、増やすどころか保つことさえ難しくなってきます。

 

そこで、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸や脂肪にアプローチできる成分に注目して、スキンケアアイテムを見直す必要があります。

 

2.肌の奥まで成分を高濃度で浸透させる

美容意識の高い方なら、コラーゲンやエラスチン、ヒアルロン酸などが配合されたアイテムで、毎日ケアをしているはず。
なのに、結果が出ないのはなぜなのでしょう。

 

それは、「浸透力」が足りないのが原因です。せっかくの成分も、肌の奥※1まで届かなければ、肌表面に塗っただけの状態で、期待する効果は得られません。
「浸透する力」にも着目して、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることができるアイテムを選びましょう。

 

3.肌のむくみをすっきりと

そして肌のむくみをすっきりさせることで、肌の余分な水分の重みを減らし、頬が垂れ下がるのを防ぎます。
むくみケアは普段からのこまめなお手入れが肝心です。
むくんだ時にあせって応急ケアをするよりも、むくみケアできるコスメで、毎日お手入するほうがいいでしょう。
 

本気のほうれい線ケアを叶えるスキンケアアイテムとの出会い!

 

 

本気でほうれい線のケアをするためには、数あるコスメの中から、優秀なスキンケアアイテムを見つけることが大切です。
中でも、ほうれい線の悩みをケアしてくれる、優秀なコスメのひとつとしてオススメしたいのが、アメリカ発のサイエンスコスメ「b.glen(ビーグレン)」の『ほうれい線ケアプログラム』。

 

そのヒミツは、5つのリフトアップ成分と、肌の奥※1まで成分を高濃度で届けることを可能にした、独自技術の超微小カプセル「QuSome®(キューソーム)」。

 

コラーゲンやエラスチンを増やす成分や、こけてしまった頬のヒアルロン酸や脂肪を増やす成分など、ほうれい線ケアに必要なリフトアップ成分。
これらの成分を、抜群の浸透力を誇る独自技術のカプセルの中に閉じ込め、肌の奥※1まで高濃度で浸透させることに成功しました。

 

さらに!化粧水の「QuSomeローション」には医学専門誌に掲載された保湿技術が使われており※2、美容業界も大注目しています!

 

タレントの安田美沙子さんやひろみさん、美容ブログが人気のタレント住谷杏奈さん、ハリウッド女優を顧客に持つメイクアップアーティストの小笠原さん等、「美容のプロ」や「美魔女」と呼ばれるような方もオススメしています。

口コミで愛用者が急増し、リピート率はなんと98.5%※3!
独自技術の浸透テクノロジーだからこその納得の数字です。

 

このビーグレンの『ほうれい線ケアプログラム』1週間分のトライアルセット5,578円(税抜)が、なんと67%OFFの1,800円(税抜)で試せます。
しかも送料無料、代引き手数料無料、365日間返金受付も可能です!

 

口元からもっと若々しくいたいあなたに、ビーグレンの本気のほうれい線ケアで、美顔をいつまでもキープして、笑顔はじける毎日をすごしましょう。

 

>>詳細はこちら

 

※1 角質層まで
※2 2016年9月28日発行 「診療と新薬」P21掲載
※3 過去1年間の返品率から算出 2016年8月 ビバリーグレンラボラトリーズ調べ